スポンサーリンク

NMB48村瀬紗英 卒コンのセトリで公演曲が多かった理由を語る「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年12月18日放送

出演メンバー

村瀬紗英(さえぴぃ)
山本彩加(あーやん)

卒業コンサートのダブルアンコール、ラストの曲は『大声ダイヤモンド』

村瀬 「そう。わたし、大好きなんですよ。」

山本 「うんうん。」

村瀬 「なんか、今回のセトリもけっこう公演曲が多くて。」

山本 「はい。多かったですね。MとかB2とか。」

村瀬 「そう。わたしが、やっぱり、公演でけっこう積み重ねてきたというか。」

山本 「はい。」

村瀬 「一番後ろで踊ってたけど。」

山本 「うんうん。」

村瀬 「誰かのアンダーに入って。で、ファンの人に見てもらえるようになって。」

山本 「はい。」

村瀬 「劇場でついたファンの人って、けっこうさ、ずっと応援してくれてたりするやん。」

山本 「うんうん。」

村瀬 「だから、そういう所でファンの人が増えていったりとか、知ってもらえたりして。」

山本 「はい。」

村瀬 「っていう土台があったから。公演っていう。」

山本 「はい。」

村瀬 「だから、自分の卒業コンサートとか、自分を振り返ったときも、公演曲がめっちゃ多くなってた、気づいたら。」

山本 「あ~。素敵ですよね、それって。」

村瀬 「そう。」

山本 「色んな公演に出てないとそれもできないし。」

村瀬 「うん。たしかに。」

山本 「セットリストもですけど、全部が素敵すぎて、みんなで『あ~、めっちゃいいライブやったな』って。」

村瀬 「え~、嬉しい。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!