スポンサーリンク

NMB48南羽諒 吉田朱里にダンボール工作を『天才』と絶賛されYouTubeをすすめられる「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年6月26日放送

出演メンバー

南羽諒(はあさ)
吉田朱里(アカリン)

今年の2月に『南ダンボール製作所展』を開催

吉田 「どうでした?」

南  「もう夢みたいでした。自分の作った物、なんか、自分だけの空間みたいな感じがあって。」

吉田 「うんうん。」

南  「すごいなって思って。夢みたいでした。」

吉田 「うんうん。似合ってたもんな。」

南  「はい。」

吉田 「ダンボール工作に目覚めたきっかけって何なん?」

南  「中学のときにすごい暇だったんですよ。そのときに、スリッパが欲しいって思って。」

吉田 「うんうん。」

南  「でも、買いに行くのもめんどくさいし。『じゃあ、作ればいいやん』ってなって。」

吉田 「スリッパなんや、最初(笑)」

南  「はい。スリッパです(笑)。初代はスリッパです(笑)」

吉田 「初代はスリッパなんや(笑)」

南  「はい(笑)」

吉田 「で、『作れた』ってなって、『何でもダンボールでいけんじゃね?』ってなったん?」

南  「はい。なりました。」

吉田 「へ~。歴代で一番気に入ってるの何なん?」

南  「マジックハンドです。」

吉田 「マジックハンド?」

南  「はい。」

吉田 「何それ?」

南  「握るだけで遠くの物を取ってくれるっていうやつです。」

吉田 「お~、すごいやん。取れるの?ちゃんと。」

南  「取れます。」

吉田 「へ~。それ欲しいわ(笑)」

南  「(笑)」

吉田 「他は?」

南  「あとは、掃除機も面白かったですね。」

吉田 「えっ?どうやって吸うの?」

南  「空気砲の逆バージョンみたいな感じで。箱型になってて、何て言うんですかね?難しいですね、説明。」

吉田 「(両サイドを)シュンってやるってこと?」

南  「はい。」

吉田 「あ~。天才やと思います、わたし。羽諒のことを会ったときから天才やと思ってるんですよ(笑)」

南  「え~!」

吉田 「多分、人と違う造りをしてると思う、脳の造りが。」

南  「え~!」

吉田 「独特。いいやん、センスやで、それ。」

南  「嬉しいです。」

吉田 「すごいもん。だって、絶対にこの発想なかったじゃないですか。だから、エジソンとかそっち系やと思う、この人は(笑)」

南  「嬉しい(笑)」

吉田 「そういう実験とかのYouTubeやってほしいもん。」

南  「めっちゃやりたいです。実験とかも大好きです。」

吉田 「『スライムのお風呂入ってみた』とかさ(笑)」

南  「すごいことなりそう(笑)」

吉田 「やってみてほしい。」

南  「やりたいです。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!