スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 年を取ったせい?最近ぎっくり腰になりかけたエピソード「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2020年4月3日放送

出演メンバー

加藤夕夏(うーか)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「年を取ったと感じたこと」

吉田 「いっぱい感じるけどな。それこそ最近、なんか、ぎっくり腰になりかけて。」

加藤 「へ~。ずっと座ってるっていうのもある?」

吉田 「分からへん。何が原因か分からへんけど。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「お尻がまず“くる”ねんて、ぎっくり腰って。」

加藤 「そうなんや。」

吉田 「ほんで、ギクッてきて、『うわっ、ヤバいかもしれへん』って。しかも、家を出て歩き出した瞬間になってんやんか。」

加藤 「えっ?」

吉田 「もう、こういうことなんやなって思って。」

加藤 「何時間も歩いたとかじゃなくて?」

吉田 「そう。だから、突然くるって言うやん。物を持ち上げたときとか。」

加藤 「あ~。たしかに。」

吉田 「『あかんな』って思って、すぐマッサージ行って。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「『これヤバいですね』って言われて。」

加藤 「え~。」

吉田 「その次の日もトレーナーさんに診てもらって、『これヤバいね』って言われて。」

加藤 「え~。怖~。」

吉田 「だから、(ぎっくり腰の)手前ぐらいやってんて、ほんまに。『早めに診といてよかった』みたいな。」

加藤 「そうなんや。」

吉田 「わたしも怪しいなって気がしててん、腰が最近。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「でも、『まあ大丈夫かな』みたいな感じでヘラっとしとってんけど。」

加藤 「うんうん。」

吉田 「大丈夫じゃなかったみたい。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!