スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 石塚朱莉 卒業生の矢倉楓子はアイドルじゃなくなる瞬間が儚すぎた!卒業してからもビヨンセをやっていた?「TEPPENラジオ」

画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年8月20日放送

出演メンバー

石塚朱莉(あんちゅ)
吉田朱里(アカリン)

トークテーマ「矢倉楓子」

吉田 「フーフーだよ!」

石塚 「フーフーだよ(笑)」

吉田 「お願いやから(キャッチフレーズの)『フーフーだよ』の意味を教えてほしい(笑)」

石塚 「『フーフーだよ』の意味、本当に何なんですかね(笑)」

吉田 「ふぅちゃん、髪の毛を茶色くして大人っぽくなって。」

石塚 「ねえ。可愛い、めっちゃ。」

吉田 「うんうん。」

石塚 「もともと可愛いのにね、こう変わるかっていう。」

吉田 「うんうん。やっぱり、ふぅちゃんってずっと清楚な純粋なイメージがあったから。」

石塚 「はいはい。」

吉田 「アイドルじゃなくなる瞬間が儚すぎて。」

石塚 「いや~、儚かった。あのドレス姿とか、まだ焼きついてますもん、頭に。」

吉田 「そう。うわ~、いいよね。ふぅちゃん可愛い。」

石塚 「ふぅさん、元気かな?」

吉田 「朱里、何かで会った、東京やったかな?大阪やったかな?どこかで会った。」

石塚 「元気でした?」

吉田 「うん。『あ~!アカリンさ~ん!』みたいな感じで(笑)」

石塚 「(笑)。わたしも、辞めてから会ったときに、ビヨンセやってました。」

吉田 「あっ、ビヨンセやってたん?(笑)」

石塚 「やってましたね。」

吉田 「やるんや(笑)」

石塚 「『変わってない』って思って。よかったですね。」

吉田 「面白いよな。あの感じで、本当は面白いところが一番いいよな(笑)」

石塚 「本当に面白いですよね(笑)


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!