スポンサーリンク

NMB48吉田朱里 川上礼奈 メンバー同士での人見知りについて語る「TEPPENラジオ」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年1月8日放送

出演メンバー

川上礼奈(れなぴょん)
吉田朱里(アカリン)

メンバー同士での人見知りについて

川上 「朱里、人見知りする?」

吉田 「するで。」

川上 「そうなんや。」

吉田 「うん。でも、人による。先輩とかのほうがする。」

川上 「あ~、分かる。それはする。」

吉田 「年下とかは全然気を使わへんけど。先輩とかはな。」

川上 「確かに。NMBで礼奈達は1期生やから先輩がおらへんやんか。」

吉田 「うんうん。」

川上 「だから、AKBさんのとかの所に行ったときに、先輩がいるのは緊張する。」

吉田 「確かに。分かる。でも、AKBの先輩も気づけば全然おらんくない?」

川上 「そうやねん。握手会場とか行っても。」

吉田 「みんな後輩やんな。AKB紅白のときに思ってん。」

川上 「思った。」

吉田 「先輩おらんって思って。」

川上 「ほんまにそうやんな。」

吉田 「うん。びっくりした。」

川上 「9年もおったらそうなるわな(笑)」

吉田 「そうやんな(笑)」

川上 「9年いるっていう実感があんまりない。」

吉田 「ないよな。そんなに経ったんや、怖っ!て感じ(笑)」

川上 「ほんまそれな(笑)。気づけば(笑)」

吉田 「1期は全員で会っったときどうやったっけ?」

川上 「礼奈はお姉ちゃんがいっぱいいたから。(岸野)里香ちゃんとか、(山田)菜々ちゃんとか、あいにゃん(福本愛菜)とかも。」

吉田 「そうやんな。可愛がってくれたもんな。」

川上 「みんなめっちゃ可愛がってくれたから。緊張とかは無かった。」

吉田 「無かったよな。」

川上 「ほんまに学校みたいやった。若かったし。」

吉田 「あ~、確かに。」

川上 「だから、逆に、自分も後輩の子達には。ちょっとは怖いと思ってると思うねん。だから、里香ちゃんとかがやってくれたみたいにやろうって思う。」

吉田 「うんうん。」

川上 「でも、礼奈、『顔が怖い』って言われるねんな。」

吉田 「そう?」

川上 「そう。」

吉田 「へ~。」

川上 「めっちゃ言われるもん。仲良くなったら、『今は、ぴょんさん変な人で面白いけど、入りたてのときは怖かったです』みたいな。」

吉田 「へ~。」

川上 「百発百中で言われる。」

吉田 「わたしはどっちかかな。舐められるか、怖がられるかやけど。でも、2人ともそんな人見知りはしやんくない?」

川上 「せえへん。」

吉田 「そうやんな。なんか、無駄絡みしにいくけど、これは気分なんですよね。」

川上 「そうやねん。だから怖いと思われるねん。」

吉田 「かな。」

川上 「礼奈、テンション低いときめっちゃ低いからさ。」

吉田 「分かる、分かる。」

川上 「殻にこもりたいときってあるやん。」

吉田 「分かる、分かる。」

川上 「体力貯めときたいねんな。」

吉田 「あ~、仕事のために。スイッチオンにして、うどんキャラをやっていかんなあかんから(笑)」

川上 「やめて、やめて(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME