NMB48吉田朱里 『ジッパー』はもともと衣装を濡らして下着を透けさせる演出案だった「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年9月11日放送

出演メンバー

三田麻央(まおきゅん)
吉田朱里(アカリン)

『ジッパー』について

吉田 「『ここにだって天使がいる公演』が始まる前の話やけど。『ジッパー』って、もともと衣装はジッパーとは関係無くて、でも、ちょっとセクシーな曲にしますっていうので。最初の衣装案が、衣装の下に下着みたいなのをつけてて、脱ぐんじゃなくて、濡らして透けさせていくっていう演出やってん。」

三田 「へ~、そうなんや~。」

吉田 「でも、もっとポップな感じにして、脱いだほうがいいってなって。ジッパーを(下ろして)脱ぐことになって。」

三田 「へ~。」

吉田 「最初は透けさせていくっていうのやってん。」

三田 「なんか、よりセクシーですね。」

吉田 「そうそう。みるきー(渡辺美優紀)が踊ってるところに、わたしと(上西)恵ちゃんが濡らして、みたいな感じやって。」

三田 「素敵。そういうのも見てみたい。濡れて透けるっていうのはなんか素敵。」

吉田 「そう、こういう演出もいずれはやってみたいなって思った。」

三田 「濡れて透けるのやってみたいですね。」

ライブでの『ジッパー』

吉田 「この前、(ツアーの)福岡と熊本で『ジッパー』をやってんけど。あんまりライブをしてない土地やから、ユニットを『ジッパー』にしてんけど。」

三田 「はいはい。」

吉田 「でも、わたし的には、(ジッパーは)何回もやってるし、もともと公演でもやってる曲やから。だから、わたしがやるより他の子がやるほうが盛り上がるかな?って思って、ジッパーを避けようとしててんけど。でも、実際にやったら、女性専用エリアから黄色い声援が『キャー!!』って、本当にすごくて。やり続けることのほうが大事やわって気づかされた。」

三田 「うんうん。『ジッパー』はやってください。分かってても『キャー!!』って、言いたくなる(笑)」

吉田 「イントロからすごかってん。曲が浸透してて。シングル曲ではなく公演曲やん。すごく嬉しかった。」

三田 「うんうん。他のグループさんもライブでやってますもんね。」

吉田 「そうそう。可愛いもんね。」

三田 「あれは本当に可愛い。」


スポンサーリンク