スポンサーリンク

NMB48沖田彩華は後輩がどう伸びるかまで考えて怒ってくれるメンバーだった(吉田朱里 三田麻央)「TEPPENラジオ」

teppenradio20180911-4
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年9月11日放送

出演メンバー

三田麻央(まおきゅん)
吉田朱里(アカリン)

沖田彩華の卒業について

吉田 「“怖い先輩”って言われてたん?(笑)」

三田 「怖かったのは、1期生と2期生のときですね。」

吉田 「そうやな。」

三田 「同じチームになってからは、頼りがいしかないし。良い意味で“先輩”をやってくれるから、本当にやりやすかったし。居心地良かったですね。」

吉田 「うんうん。」

三田 「そういう、NMBを支えてくれてた人がいなくなる。(山本)彩さんとは別の目線で支えてくれてた人がいなくなるっていう。これも大きな穴やから。」

吉田 「本当にね。」

三田 「それを埋めるんじゃなくて。みんなでどうカバーできるかやと思うから。」

吉田 「そうやな。あーぽんは本当に人に対してすごく考えてて。」

三田 「そうそう。」

吉田 「ここまで考えてる人はいないっていうぐらい、めちゃめちゃ人を見てるねんな。この子はどう怒ったら、どう伸びるかまで、ちゃんと考えて怒ってくれるねん。」

三田 「うんうん。」

吉田 「だから、怒る子には普段可愛がってあげてんねん。」

三田 「そうそう。」

吉田 「怒ったときに、ちゃんと言うこと聞いてくれるように、普段からすごく愛でて、可愛がってあげたりしてて。」

三田 「飴と鞭の使い方が上手い。」

吉田 「そう、本当に。あーぽんみたいな先輩が欲しかったもん(笑)」

三田 「(笑)。すごく良い先輩でしたね。先生とかに向いてると思う。」

吉田 「うん、本当に向いてると思う。」

三田 「教師に転職してください(笑)」

吉田 「そうですね(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME