NMB48本郷柚巴 安藤愛璃菜と沖田彩華の卒業について語る「TEPPENラジオ」

teppenradio20180807-2
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年8月7日放送

出演メンバー

本郷柚巴(ゆず)
山本彩加(あーやん)

同期の安藤愛璃菜(えーりん)と1期生の沖田彩華(あーぽん)が卒業発表

山本 「えーりんの卒業はどうですか?」

本郷 「えーりんとは同期で。同期の卒業は何人目やろ?(柴田)優衣ちゃんが卒業して、(村中)有基ちゃんが卒業して、(西仲)七海が卒業して、4人目かな。」

山本 「うんうん。」

本郷 「自分の中でえーりんは、隣にいないといけない存在っていうのがすごく強かったから。やっぱりびっくりしたし。」

山本 「うんうん。」

本郷 「えーりんの卒業発表を知ったのが、ジョギングが終わって、歩いて家に帰ってるときに教えてもらって。『えーりんが卒業発表しました』っていう感じで、LINEを開けたら来てたから。」

山本 「グループLINEに来てたよね。」

本郷 「そうそう。で、誰かの前で泣くことってあんまり好きじゃないから、1人でしくしく泣いてました。その日、ちょうど雨やったから、雨にまぎれてめっちゃ泣いてました(笑)」

山本 「え~。わたしは、ちょうどマネージャーさんといるときで。『安藤が卒業発表した』って目の前で言われて。全然泣くつもりもなかったのに、勝手にめっちゃ涙が出てきて。」

本郷 「そうやんな。えーりんってそれぐらいほんまに大切な存在やねんなって思ったし。」

山本 「うん、本当に。」

本郷 「絶対に辛い事もあるのに、そういう所は一切見せずに。」

山本 「しかも、『卒業は1回も考えた事が無かった』ってずっと言ってたから。」

本郷 「言ってたね。」

山本 「だから、衝撃やったね。」

本郷 「本当に。」

山本 「けど、最後は笑顔で見送りましょうね。」

本郷 「そうですね、笑顔で見送れたら。」

山本 「1期生のあーぽんさんもですね。どう?」

本郷 「旧チームMのリセット公演の前座ガールズに出演させて頂いてるときから、たくさん可愛がって頂いてて。」

山本 「はい。」

本郷 「今でもすごく可愛がってくださってるんですけど。あーぽんさんはわたしにとって本当に大切なメンバーさんで。」

山本 「うんうん。」

本郷 「何かあれば、いちはやく駆けつけてくれるし。わたしが昇格したときも、一番初めにわたしのところに来てくださって。そういうのを見たときに、『この先輩は一生卒業して欲しくないな』って思ってたから。やっぱりショックは大きかったですね。」

山本 「確かに。あーぽんさんはすごく周りの事を見てくれてましたしね。」

本郷 「そうですね。」

山本 「でも、この二人の穴を埋めれるように頑張りましょう。」

本郷 「うん、本当に頑張りましょう。」


スポンサーリンク
error: Content is protected !!