NMB48山田寿々 母親には『アイドルになりたい』とずっと言えなかった!その理由とは?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180619-10
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年6月19日放送

出演メンバー

山田寿々(すず)
吉田朱里(アカリン)

ずっと前からアイドルになりたかったけどお母さんには言えなかった?

山田 「そうなんです。」

吉田 「難しいよな~。」

山田 「お姉ちゃんもアイドルをやって、今は東京にいることが多くて。わたしまでアイドルになったらお母さんに寂しい思いをさせちゃうなって思ってたんで、ずっと言えなったんですけど。」

吉田 「優しい。どのタイミングで言ったん?」

山田 「5期生オーディションがあるってことを知って、『これ受けたい』って言いました。」

吉田 「そうなんや。ほんだらお母さんは?」

山田 「一次審査が通ったときにカフェに呼び出されて、『ほんまにいいの?』って、めっちゃ、3時間ぐらい長話されて。」

吉田 「あ~。お姉ちゃんも活躍してたし、キラキラした姿もたくさん見てたと思うけど。やっぱりお母さんは苦労してるところも見てるわけやんか。」

山田 「はい。そうですね。」

吉田 「そう考えたらな。」

山田 「多分、入れたくなかったんかな?って。でも、今は応援してくれてるので。」

吉田 「そうやんな。わたしのお母さんも、多分、妹が『入りたい』って言ったら止めると思うもん。」

山田 「やっぱりそうなんですかね。」

吉田 「うん。だって、親からしたら、普通の道に進んでくれてたらっていうのも。こんなに辛い思いをしなかったのにっていうことも色々あるやん。選抜とか総選挙だったりとか。」

山田 「そうですね。」

吉田 「他にも体力的にきついこともあるし。」

山田 「はい。」

吉田 「そう考えたら。将来、自分の子供が『アイドルになりたい』って言ったら、やっぱり1回考えるやろ?」

山田 「あ~、そうですね。考えますね。」

吉田 「すごく楽しいし、やりがいを感じてるけど。でも、もっと違う道もあるかなって思っちゃうよな。」

山田 「あ~、確かに。」

吉田 「お母さんもそういう気持ちだったんじゃない?ましてや、お姉ちゃんを見ててやからな。」

山田 「はい。お母さんもしんどい思いをして、ここに入れてくれたので、頑張ろうって思います。」

吉田 「いい娘ですね~。」

山田 「(笑)」

『山田家の最終兵器』と呼ばれている?

山田 「これはわたしが自分の生誕祭で言わせて頂いたんですけど。『山田家の最終兵器はこんなもんじゃないんだぞ!』って言いたかったんですけど。でも、めちゃめちゃ噛んでしまって、『こんなもんだだ・・・、ないんだぞ!』みたいになって(笑)」

吉田 「(笑)」

山田 「でも、これを言えたから満足かなって(笑)」

吉田 「(笑)。まあ、確かに、芸能人一家ということでね。寿々が頑張って結果を出して、寿々がトップに上り詰めたらかっこいいやん。」

山田 「はい。」

吉田 「お姉ちゃんも嬉しいと思うしね。」

山田 「はい。」


スポンサーリンク