NMB48山本彩加 矢倉楓子 高校で友達を作る方法は?「TEPPENラジオ」

teppenradio20180327-12
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年3月27日放送

出演メンバー

山本彩加(あーやん)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

学校での友達の作り方

リスナーからのメール「新しい学校での友達の作り方を教えてください。」

山本 「これはわたしも。」

矢倉 「そうや。(中学を)卒業して高校生になったら、友達作りも大事やんな。」

山本 「そう。友達を作らないといけなくて。わたしも『どうやったらいいですか?』って逆にファンの方に聞いてました(笑)」

矢倉 「逆にな(笑)」

山本 「はい(笑)」

矢倉 「小さい頃って勝手に友達できてなかった?」

山本 「そうですね。」

矢倉 「大人になってからのほうが。」

山本 「考えちゃうから難しくて。」

矢倉 「そうやんな。でも、とにかく話し掛けてみることなんじゃないですか。」

山本 「そうですね。」

矢倉 「『友達になろ』って言って友達になるわけじゃなくて、知らん間に一緒にいるようになってたりするものやから。」

山本 「うんうん。」

矢倉 「わたしやったら、この子と友達になりたいなっていうターゲットを見つけて、集中攻撃。自分からめっちゃ話し掛けにいく。」

山本 「いいですね。」

矢倉 「学生のときはそうしてましたね。(友達になりたい子を)この子って決めたほうがいいかも。」

山本 「あ~、確かに。」

矢倉 「色んな人に話し掛けても、結局1人、みたいなこともありえそうやから。」

山本 「わたしは意外と人見知りなので、なかなか話し掛けにいけない側なんですけど。」

矢倉 「そうなんや。じゃあ、どうするの?」

山本 「ずっと席に座って、大人しいキャラみたいな感じで(笑)。読書とかをしてるフリで(笑)」

矢倉 「読書してたらあかんで!」

山本 「何でですか?」

矢倉 「それ、めっちゃ話し掛けにくくない?」

山本 「確かに(笑)」

矢倉 「それ、あかんわ。」

山本 「じゃあ、読書はせずに待っときましょう(笑)」

矢倉 「そうやな。話し掛けて欲しいオーラを出して待っとこう。」


スポンサーリンク