NMB48矢倉楓子 握手会で塩対応の時期があった!それでも通ってくれるファンがいてくれた「TEPPENラジオ」

teppenradio20180109-4
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年1月9日放送

出演メンバー

矢倉楓子(ふぅちゃん)
吉田朱里(アカリン)

握手会の思い出はありますか?

矢倉 「わたし、最初は握手会が2部とかだったんで。そこからどんどん増えて、『北川謙二』の握手会で全部の部数になったんですけど。」

吉田 「うんうん。」

矢倉 「やっぱり自分が楽しめば楽しむほど、来てくれる方も増えるから。そういうのをすごく実感できたっていうか。」

吉田 「確かに。握手会は目の前で自分の人気が分かるもんね。」

矢倉 「そうそう。だから、すごく大切だし。」

吉田 「ふぅちゃんに通ってる人はずっと通ってるイメージがある。長い人が多いと思う。すぐに去っていく人じゃなくて。」

矢倉 「あ~。わたし、『北川謙二』ぐらいからすごく塩対応になっちゃって。」

吉田 「あっ、そうなんや。」

矢倉 「そう、『高嶺の林檎』のときとかも。そのときに離れていった人がたくさんいて。でも、そこを乗り越えて、それでも好きでいてくれた人達が今も来てくれてるので。対応とか関係無く、わたしのことを見てくれてるんだなって。」

吉田 「分かる、分かる。“根”の部分を見てくれてるというか。」

矢倉 「はい。ありがたいですね。」

吉田 「ダメな時期ってあるよな。それはすごく分かる。」

矢倉 「ちょっとモチベーションが保てなかったというか。」

吉田 「そうそう。あるよね。分かりますよ。アイドルも人間なんで色々あるんですよ(笑)」

矢倉 「(笑)」


スポンサーリンク