NMB48 渡辺美優紀の手は魔女の手?綺麗な手?「TEPPENラジオ」

teppenradio20160119-2
画像「TEPPENラジオ」HPより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年1月19日放送

出演メンバー

渡辺美優紀(みるきー)
須藤凜々花 (りりぽん)

トークテーマ「手」

渡辺 「自分の指が細長くて。」

須藤 「めちゃ綺麗ですね。」

渡辺 「わたし、この手がずっと嫌で、小学校のときとか中学校のときとか“魔女の手”とか言われてて。」

須藤 「えー。」

渡辺 「なんか、男の子に。『うわっ、渡辺の手、魔女や』『ほんまは魔女やろ』とか(笑)」

須藤 「絶対惚れてるでしょ、その男子(笑)」

渡辺 「そう言われるくらい、ほんとに細くて。指に肉がつかなくて、めっちゃ嫌だったんですけど。でも、NMBに入ってこの1年ぐらいで、自分の手が好きになったんです。手が綺麗って言われることが増えて。ファンの人とかでも、わたしの手が好きって言ってくれる人がいて。そう言ってくれる人がいるから好きになれました。」

須藤 「やっと評価された。」

渡辺 「自分で嫌いだったのを、好きになれたっていう。」

須藤 「素敵ですね。でも、思ってました。すごい。」

渡辺 「えっ、思ってなかったやろ?(笑)」

須藤 「ほんとに、肉付いてないなって思って。」

渡辺 「色々(な所に)肉は付いてる割に手だけ付かないっていう。」

須藤 「関節もボコってなってなくて、すとんって。マンガの指みたいな。綺麗。」

渡辺 「凜々花の手はどうですか?」

須藤 「わたし、めっちゃペンだこあります、ここに。」

渡辺 「見せて、ペンだこ?ほんまや。勉強しすぎ?」

須藤 「めっちゃ書くからですね。」

渡辺 「わたしも受験勉強のとき、そんなんできた。けど、今もあるんや。」

須藤 「そうなんです(笑)」

渡辺 「なんで無くならへんの?でも凜々花の手は普通にかわいらしい手。」

須藤 「赤ちゃんみたいな。」

渡辺 「かわいい、女子って感じ。」

須藤 「女子ですか?」

渡辺 「なよなよしてる。」

須藤 「ありがとうございます(笑)」

渡辺 「かわいらしい手ですね。」

須藤 「やったー。」


スポンサーリンク