スポンサーリンク

山本彩 学生時代は毎週のようにbaseよしもとに通っていた NMB48劇場に改装の際は『申し訳ないな』という気持ちも「土曜日のエウレカ」


画像引用 twitterより
「土曜日のエウレカ」2021年2月27日放送

出演メンバー

山本彩
川島明(麒麟)

お笑いが好き

川島 「お笑いはもともと好きなんですか?」

山本 「もう大好きで。」

川島 「はい。」

山本 「NMB48の劇場が難波にあるんですけど。」

川島 「そうですよね。」

山本 「その劇場ができる前にbaseよしもとという芸人さんのステージがあったんですけど。」

川島 「はい。」

山本 「学生時代、そっちにずっと通ってまして。」

川島 「あっ、それはもうお客さんとして行ってたんですか?」

山本 「そうです。」

川島 「へ~。」

山本 「もう毎週のように行ってました(笑)」

川島 「毎週!?」

山本 「はい(笑)」

川島 「そのときは誰ですか?活躍してたの。」

山本 「そのときはわたしが特に好きだったのはジャルジャルさん。」

川島 「あ~、ジャルジャル。」

山本 「はい。とかの世代ですね。」

川島 「へ~。どうですか?憧れのステージ、普段見てた所、劇場がガラッと変わって、NMB48のステージになったじゃないですか。そのときの気持ちとかはどうでしたか?」

山本 「そうですね、最初は『申し訳ないな』というか(笑)」

川島 「まあね(笑)、自分が取ったわけじゃないですけど。」

山本 「まあ、そういった最初から恵まれた環境を与えていただいてたので、それが鼓舞されるきっかけになったというか。」

川島 「うんうん。」

山本 「『この場所をNMBの場所にしていかないとな』というふうに頑張っていこうと思いましたね。」

川島 「そうですよね。いきなりヒョウ柄に変わりましたからね(笑)」

山本 「そうですね(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!