スポンサーリンク

山本彩 『同じ音楽をやる人間としてはすごく救われる』と感じたアヴリル・ラヴィーンの曲の歌詞とは?「MARUNOUCHI MUSICOLOGY」


画像引用 twitterより
「MARUNOUCHI MUSICOLOGY」2020年5月23日放送

出演メンバー

山本彩
グローバー
クリス・ペプラー

アヴリル・ラヴィーンの曲の歌詞について

グロー「山本さん、どうですか?今、特に『この歌詞やられるな~』っていうのはありますか?」

山本 「そうですね、わたしもやっぱりグループからソロになって、自分の音楽、これからやっていく音楽とか、自分自身と向き合ってるときに、この歌詞がすごく、何だろう?共感というか、したのが、『Who Knows』っていう曲のワンフレーズなんですけど。」

グロー「はい。」

山本 「和訳で『自分自身を見つけて 私にはできないから 自分らしくね あなたって誰? 自分自身を見つけて 私にはできないから 自分を持って あなたって何?』っていう。この言葉自体は第三者とか周りの言葉だと思うんですけど。それに対して、“自分自身”って自分が一番分からなくなる瞬間とかもあるなと思うし。それを気にしすぎてはやりたいことができなくなるんじゃないかなみたいな葛藤を抱えるときもあるので。アヴリルもそんなふうに思うこともあるのかなっていう共感性というか、感じて。同じ音楽をやる人間としてはすごく救われる歌詞だなって思います。」

小学生の頃に初めて行ったアヴリル・ラヴィーンのライブ

グロー「そのとき特に印象に残っているシーンありますか?」

山本 「そうですね、全部は…小学生だったので、記憶が残ってはいないんですけど。」

グロー「初ライブって『楽しかった』ぐらいしか覚えてなかったりしますよね。」

山本 「そうなんですよ。音源を聴き慣れていたんですけど、やっぱりライブで聴くと、ちょっと声が枯れてたりとか、でも、その中で全力で歌ってくれる感じとか、みんなと一緒に歌う感じ、歌わせてくれるところとかが、やっぱり音源じゃ楽しめない部分だなって思ったのが。すごく自分は嬉しかったなって思った記憶はあります。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME