スポンサーリンク

NMB48小林莉奈 『ギャル』と言われるのは仕方ないと思うけど『ヤンキー』は本当に違う!「SHOWROOM」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2019年6月15日配信

出演メンバー

小林莉奈(りなちー)

『ギャル』と言われるのは仕方ないと思うけど『ヤンキー』は本当に違う

ヤンキーじゃないよ。ちゃんと学校も行ってたし、勉強もしてたよ。ヤンキーじゃないですよ。ヤンキーではない。ヤンキーはマジで否定する。本当にそれは否定します。

見た目がギャルとか、やってることがスカートを折るとか、髪と巻くとか、化粧をちょっとしたりとか、そいうのは、ギャルって言われても仕方がないのかなって思ってるけど。でも、ヤンキーは本当に違います。

ヤンキーっていうのは、コンビニの前で座って、たむろってる人のことを言う(笑)。わたしはそんなんしてない。ヤンキーではない、本当に。

高校は化粧ダメだった。でも、バレないように、どこまでやってバレないかみたいな、ギリギリのラインを(笑)。毎回、ちょっずつ付け足していって、やるのが楽しかった。

体育で(化粧を)落とされて。(化粧の)1箇所につき1ポイントで、ペナルティーみたいなのがあって。それで、ファンデと、上唇、下唇、眉毛は前髪をこう(右側に)やってたから、こっち(左側)しか描かなくて。これで、4、あと、チークをしてたから、(左右の頬で)5、6で。あと、目はバレなかったんですけど。あとは落とされて(笑)。

先生に眉毛をひゅってやられて、「あれ?こっちないじゃん」って言われて(笑)。「(前髪で)見えないんで」って言って(笑)。

そういうのが青春ですよね。楽しいですよね。みんな経験したことあると思うよ(笑)。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME