スポンサーリンク

NMB48村瀬紗英 渋谷凪咲の何て返したらいいのか分からないボケを無視したら小嶋花梨が犠牲になったエピソード「なぎさの部屋」


画像引用 twitterより
「なぎさの部屋」2020年8月19日配信

出演メンバー

渋谷凪咲(なぎちゃん)
村瀬紗英(さえぴぃ)
吉田朱里(アカリン)
白間美瑠(みるるん)

渋谷凪咲はフワフワしたボケを連発する

村瀬 「これ、楽屋でやねんけど。最近一番困ったのが…」

渋谷 「はい。」

村瀬 「『だってだってだって』の歌詞を朗読、一人で朗読すんねん。それをわたしに聞かせてくれんねんけど。」

渋谷 「(笑)」

吉田 「うんうん。」

村瀬 「1番の歌詞は標準語の女の子が恋してる。」

渋谷 「『だってだってだって だってしょうがないでしょ』っていう。」

村瀬 「すごい真剣な顔で演じてくれんねんやんか(笑)」

吉田 「うんうん(笑)」

村瀬 「で、2番は関西の子がな。」

渋谷 「そう。『なんでなんでなんで なんでそうなっちゃうの?』っていう。」

村瀬 「『っていう曲やねんで』っていうのをわたしに言ってくんねんけど(笑)。真剣な顔をして(笑)」

吉田 「うんうん(笑)」

村瀬 「これは何て返したら正解なのか分からんくて。」

吉田 「うんうん。」

村瀬 「わたし、困ってて、ちょっと無視しちゃってたんですよ。」

吉田 「うんうん。」

村瀬 「適当に流してたら、こじりんが犠牲になってました(笑)」

一同 「(笑)」

吉田 「なってた、なってた(笑)。ひたすら笑顔で聞いてた(笑)」

村瀬 「聞いてた、聞いてた(笑)。『これが正解やったんや』って、『こじりん流石やな』って思って(笑)」

渋谷 「そうやねん。『すごいですね』って言ってほしかってん(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
NMB48その他
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!