スポンサーリンク

NMB48南羽諒 チームN公演の『ALIVE』を自分にはできないと泣いていたら吉田朱里が助けてくれて石田優美が喝を入れてくれた「SHOWROOM」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2019年6月15日配信

出演メンバー

南羽諒(はあさ)

チームN公演に出演した

もう楽しくて。なんでこんなに楽しいんだって思うぐらい楽しくて。

かっこいい曲をやるの好きなんですよ。あんまり似合ってないかもしれへんけど、かっこいい曲をやるのめっちゃ好きで。かっこいい曲多いじゃないですか、N公演は。だから、めっちゃ楽しいし、いっぱい勉強できるし。

メンバー同士で目が合う瞬間も多いなって思って。それが楽しい部分の一つでもあったのかなって思います。もっと出たいなって思うぐらいです。

羽諒は明るい曲ばっかりだから。ユニットとかも。(前のB2では)『ハート型(ウイルス)』をやって、(研究生公演では)『君のC/W』をやって、N pride公演でも『西瓜BABY』。

『西瓜BABY』めっちゃ楽しかった。8日の2回公演のときに、お昼公演で煽りをしたんですよ、間奏で。そこで、笑ってくださってる方がいてめっちゃ嬉しかった。

『ALIVE』ね。N公演ほんまに無理って思っちゃって。公演を見学したときに、自分にはできないって思っちゃって。涙が止まらなくなったことがあったんです(笑)。けっこう初日が迫ってたんですけどね、そのとき。もうできない、どうしようって。

あんなレベルまで持っていけないし。時間の問題とかじゃなくて、どんだけ時間があっても、あそこまで羽諒はできないって思ってたときに、またアカリンさんに助けてもらいました(笑)。『ALIVE』の振りをアカリンさんが一から教えてくださったり。あと、ゆうみんさんが喝を入れてくださったり、「できる」って言ってくださって。

もう、ほんまに、やっぱり羽諒のネガティブは治らない(笑)。治らないです(笑)。ほんまに治らん(笑)。

ゆうみんさんともっとお話したいんですけど、勇気が出なくて。ゆうみんさんに「できる」って言ってもらいました。「B2をやったんやからできる」って、「やるしかないよ」って言ってもらった。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME