山本彩 NMB48の楽屋挨拶について語る『数人で代表して行く』『全員だと迷惑そうなので減らした』「アッパレやってまーす!」


画像引用 twitterより
「アッパレやってまーす!」2018年11月12日放送

出演メンバー

山本彩
濱口優(よゐこ)
有野晋哉(よゐこ)
鈴木拓(ドランクドラゴン)

楽屋挨拶について

リスナーからのメール「先日の放送で楽屋挨拶についてお話されていましたが、48グループやEXILEのように人数の多いグループは一人ずつ挨拶に行ったり来たりするのでしょうか?それともリーダーの方が代表で行ったり来たりするのでしょうか?」

山本 「あっ、わたしに?」

鈴木 「そうでしょ。さや姉にでしょ。」

山本 「まず、(ライブ等の場合は)来てくださった方に全員で全体挨拶みたいなのをしてから、個々に行く感じですね。それぞれメンバーによってお世話になってる方が違うので。それぞれがお世話になってる方のところに行くって感じですね。」

一同 「へ~。」

鈴木 「番組とかの場合はどうなの?例えば司会者にダウンタウンさんがいて。NMBみんなが出て。そういう場合はどうなんですか?バラバラで行くのか?」

山本 「そうですね、数人で行きますかね。」

鈴木 「あ~、代表して?」

山本 「はい。」

一同 「へ~。」

濱口 「流石に大所帯だとドアを開けてもみんな見えへんもんね。」

山本 「はい。そうですね。でも、初めはそうしてて、すごく迷惑そうだなっていうのがあったりして(笑)」

一同 「(笑)」

鈴木 「そうでしょうね(笑)」

山本 「なので、減らしました。」

一人での楽屋挨拶について

濱口 「さや姉やったら、多分、まだ年齢的にも(出演者の中で)一番若いってなるから、全員の楽屋を回ったりとか。」

山本 「あっ、回ってます。」

鈴木 「一人のとき?」

山本 「はい。」

鈴木 「嫌でしょ?一人のとき(笑)」

山本 「嫌ではないですけど、苦手ですね(笑)」


スポンサーリンク
error: Content is protected !!