スポンサーリンク

鈴木拓がNMB48のライブの山本彩を観て感動したポイントを語る『阪急電車で泣きそうになった』「アッパレやってまーす!」


画像引用 twitterより
「アッパレやってまーす!」2018年10月15日放送

出演メンバー

山本彩(NMB48)
濱口優(よゐこ)
有野晋哉(よゐこ)
鈴木拓(ドランクドラゴン)

鈴木拓がNMB48のライブを観に行った

鈴木 「いや~、本当に感動しました。鈴木拓です。」

濱口 「どうしました?何が感動したんですか?」

鈴木 「さや姉のコンサートを観に行かせてもらったんです。」

濱口 「そうなんや。」

山本 「そうなんです。」

有野 「あ~、行くって言ってたやつ。」

鈴木 「はい。」

山本 「幕張で。」

濱口 「感動したんだ?」

鈴木 「感動しました。」

山本 「へ~。」

濱口 「よかったね。」

鈴木 「みんなから、『嘘つけ!』みたいな、すげー言われたんですけど。すごく感動しちゃって。」

有野 「何がよかったの?」

鈴木 「8周年記念コンサートなんですよ。」

有野 「はいはい。」

鈴木 「なので、NMBの1年目から8年目までの、昔のVTRも照らし合わせながら。」

濱口・有野 「へ~。」

鈴木 「やっぱりそれを見てると、『あ~、こうなんだ』って、どんどんグッときて。」

有野 「でも、(鈴木拓にとって)懐かしくはないじゃない?」

鈴木 「はい、観に行ったのは初めてなんですけど(笑)」

一同 「(笑)」

濱口 「鈴木拓には全く関係の無い8年間やったやろうけどな(笑)」

鈴木 「そうなんですけどね(笑)。で、さや姉が、東京で大舞台でアイドルとしてのさや姉を見れるのはあれが最後だったんですよね?」

山本 「最後です。」

濱口 「そうか。」

鈴木 「なんか、さや姉はセンチメンタルな感じにさせないんですよ。」

濱口 「あ、させないのね。」

鈴木 「センチメンタルな感じに全然させないんですよ。」

山本 「まだ早い。」

鈴木 「でも、東京の人は最後じゃないですか。」

山本 「まあ、早いと言うか、NMBとしての楽しいコンサートなので。そこにわたしの個人的なやつは入れないです。」

濱口 「湿っぽくはしたくなかったと。」

山本 「はい。」

有野 「みんなの公演やもんね。」

山本 「はい。」

鈴木 「その感じが伝わってくるんですよね。」

濱口 「あ~、なるほど。」

有野 「無理に明るくしてる感じ。センチメンタルを出さずに(笑)」

山本 「(笑)」

鈴木 「そうなんですよ。で、最後の最後に、アンコールでさや姉が出てきて、マイクを持つんですよ。」

有野 「お~。」

鈴木 「で、何か喋ろうとして、“今日が最後”ぐらいのことを言おうとしたのかしないのかで、『あっ、いけない、いけない』みたいな。」

濱口 「『いけない、いけない』って言ったの?」

山本 「言いました。」

有野 「感情が高ぶって言いそうになったところを抑えて、『あっ、いけない、いけない』って。」

鈴木 「そしたら、俺が、涙が出そうになっちゃて。」

一同 「(笑)」

山本 「え~(笑)」

有野 「鈴木拓のセンチメンタルな部分が(笑)」

鈴木 「もうギュンギュンに刺激されちゃって。」

山本 「(笑)」

濱口 「それはステージで自分の感情を何か感じたの?」

山本 「まずスタッフさんに『さや姉だけ出て』って言われて。」

有野 「あっ、急に言われたんや。」

山本 「そうです。とりあえず出て、何を喋ろう?って、とっさに喋ろうと思ったのが、そういう感じの(卒業に関する)ことだったので、あっ!あかん!あかん!って。」

濱口 「“卒業”っていうのはみんなもどこかで思ってるわけやからな。」

山本 「はい。」

濱口 「東京で観れるのはこれが最後かっていう気持ちはどこかに持ちながら観てるから。そのへんを突かれた瞬間に会場の空気がグッと変わったんや。」

山本 「はい。あかん!あかん!って思って、その場で1回まわって(笑)」

有野 「グルグルまわるの?(笑)」

山本 「はい、まわって(笑)」

鈴木 「なんか、まわって(笑)。この空気はダメだ!みたいな。」

有野 「タイミングが違うって?」

鈴木 「はい。で、またグルグルまわり始めて(笑)。そのグルグルまわるのを見たら、俺、泣きそうになってきちゃって。」

一同 「(笑)」

濱口 「犬がグルグルまわるみたいな?」

山本 「そうです(笑)。1回気持ちをリセットしようと思って。」

濱口 「へ~、なるほどね。」

鈴木 「なんか、大阪から出てくるみたいな曲があるんですよ。二年前に大阪から東京に出てきた、みたいな曲があるんですよね。」

山本 「はいはい。」

鈴木 「で、それも、さや姉が二年前ぐらいに卒業を決めたみたいな話を聞いてたんで。」

濱口 「あ~、言うてたもんな。」

鈴木 「はい、このラジオでも言ってたじゃないですか。」

濱口 「うんうん。」

鈴木 「だから、それを聞いてたので、またそれがダブって、グッときて。」

濱口・有野 「(笑)」

山本 「すごい重ねてくださってる。」

鈴木 「『阪急電車』の話でまた泣きそうになって。」

濱口 「鈴木拓と阪急電車は全く関係無いもんな(笑)」

鈴木 「はい(笑)」

有野 「阪急電車は乗ったことあるの?」

鈴木 「一度も乗ったことも、見たこともないです(笑)」

山本 「え~!見たこともない!?(笑)」

濱口 「(それでも感動する鈴木拓は)良い人やな(笑)」

山本 「うんうん。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
アッパレやってまーす!
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!