スポンサーリンク

NMB48佐月愛果 百合劇場のキャスティングや自分の役柄について語る「SHOWROOM」


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2021年11月19日配信

出演メンバー

佐月愛果(あいぴ)

スポンサーリンク

ムチャクセ公演百合劇場について

(コメント「れいななにした理由は?」)

そんなの1つだろ。“れいなな”さんの百合が見たかったからだよ。わたしが見たかったからです。

(コメント「まいてぃーふわりんキャスティングの意図は?」)

まず、わたしが百合劇場に出るのが夢だったんですよ。だから、せっかく書けるなら自分を出そうと思って。自分で自分の夢を叶えようと思って。じゃあ、どういう役回りで出す?ってなって、真衣ちゃんと付き合わせとこうかなってなって(笑)。愛果、真衣ちゃんが好きなんです。だから、真衣ちゃんと付き合いたいと思って。で、楓和が「楓和、出たい」って言ってくれてから、楓和をどこに出そうかな?ってなって、こういう役にしようと思って。

で、わたしの役柄、言ってしまたったら令子さんと奈々帆さんの仲を壊した奴じゃないですか。最低なんですよ。マジでクソ野郎みたいな奴だったんですよ。なんで愛果をこの役にしたかと言うと、これは今まで言ったことないんですけど、わたし奈々帆さんに睨まれたいっていう願望があって(笑)。この役だったら睨んでもらえるんちゃうん?と思って(笑)。嫌な役にしようと思って(笑)。睨まれたいっていう欲があったんですよ。

分からん?かっこいい曲をやってるときの奈々帆さんの目つきがすごい好きで。前髪からのぞく目つきがめちゃくちゃ好きなんですよ。「うわっ、睨まれてえ」って思って(笑)。

だから、リハーサルのときに「マジでこの世の終わりかっていうぐらい睨んでください」ってお願いして。めっちゃ睨まれたかったんですよ。あと、「この世の終わりかっていうぐらい突き飛ばしてください」「思いっきり突き飛ばしてください」って言ってお願いしました(笑)。

あの瞬間は幸せやった…。ヤバい(笑)、エグいこと言ってんじゃん(笑)。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME