NMB48三田麻央 公演のクオリティーを下げる5期生にブチ切れたエピソード「TEPPENラジオ」

teppenradio20170530
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年5月30日放送

出演メンバー

三田麻央(まおきゅん)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

トークテーマ「若手」

三田 「最近、5期生の子に『目撃者公演』のアンダーで(他チームから)跨ぎで入ってもらってて。」

吉田 「あっ、それ聞いたで!」

三田 「入ってくれたのはすごくうれしいねんけど。泣きながらやってる子がいて。何で泣いてるのか分からなくて。多分、いっぱいいっぱいになってできなくて、とかなんやろうけど。『公演って楽しむものだよね』っていうのを5期生に言ったのが、最近のわたしのハイライトで。」

吉田 「『まおきゅんが公演前にブチ切れた』っていうのが伝わってきてて(笑)」

三田 「(笑)」

吉田 「あと、由樹ちゃん(東由樹)やったっけ?」

三田 「由樹ちゃん、由樹ちゃん。」

吉田 「『まおきゅんと由樹ちゃんが公演前に5期にブチ切れた』っていう情報だけ回ってきて(笑)。まおきゅんキレたんか~って思って。」

三田 「ブチ切れたっていうよりも、公演っていうものをどういう気持ちでやってるんやろ?って思っちゃって。みなさんに見せるためにやってるわけで。」

吉田 「そうやね。」

三田 「次のフリはこうで、立ち位置はこうで、って考えながらやるのも大事やけど、それは二の次じゃないのかな?って思ったから。『どういう気持ちで公演をやってる?』『今きっと楽しくないよな?』って話をしんみりとしてた(笑)」

吉田 「うんうん。」

三田 「そしたら、『はい、はい、』って聞いてくれて、公演も良くなったから、よかった~って思って。」

吉田 「『目撃者公演』はすごく難しいねんけど、(跨ぎの5期生は)覚えれる期間があんまり無くて、すごく焦って覚えて、全然完璧なパフォーマンスでは出れなかったって聞いて。わたし達の時代の研究生の子は覚えれないと出させてもらえなかったし。」

三田 「そうそう、出れなかった。」

吉田 「今は人が足りてないっていうのも環境としてよくないねんけど。人が足りてないから、どうしても覚えて出てもらわないといけない。それが研究生の役目やねんけど、それを分かってないねんやろな。公演に1回出れるっていうのがどんなに大事なことなのかを、わたし達もちゃんと教えてあげれてないっていうも良くないことやねんけど。」

三田 「うんうん。」

吉田 「ちゃんとしたパフォーマンスで出れなかった子がいたら公演のクオリティーも下がっちゃうから。最近はそれで話し合いになったりしたんですよ。」

三田 「うんうん。」

吉田 「名前を出すけど、寿々(山田寿々)がちゃんとできなかったっていうのを聞いたから、寿々に『絶対、次までにちゃんと覚えや。ちゃんとやったら見てる人は見てくれてるし、今回でがっかりした人がいるかもしれへんけど、ちゃんと練習して完璧で出たら認めてくれるし、寿々はそれができるから次の公演でちゃんとやりや!』って送り出したんです。」

三田 「素晴らしい。(次の公演は)できてました。」

吉田 「それで、その後に『アカリンさん、この前ちゃんとやりましたよ~!』って言いに来て。」

三田 「かわいいね~。」

吉田 「よしよしってしてあげた(笑)。そうやってわたし達が見てあげることによってやり方が分かる子もたくさんいると思うし。」

三田 「前のMやったら、わたしはそういうのは言ってなかったんですよ。言うのはあーぽん(沖田彩華)とか上のメンバーで、百花さん(木下百花)も率先して言ってくれてたから。Nになって、1番上が彩さん(山本彩)だけで。彩さんがいないときは2期生が1番上になるんですよ。」

吉田 「そっか。恵ちゃん(上西恵)とかもうおらんもんな。」

三田 「それを2期生はけっこう重く感じてて。しっかりやらないとって思うのと、1期と3期以降の間(を繋ぐ存在)になれればなって思うし。そのときは副キャプテンのやまりな(山尾梨奈)もいなくて、わたしがリハを見てて、(5期生に)じゃあ、言うか!ってときはすごく緊張したし。」

吉田 「そうやって人は大きくなっていくねんで。」

三田 「人に何かを言うってこんなに心が苦しいんや!って改めて思った。」

吉田 「ほんまにそうやんな。」

三田 「こうやって言える環境もいいなって、素敵なグループやなって。NMB48には後輩を育てていける器量の子もいっぱいいて。」

吉田 「(後輩も)素直に聞いてくれるのはいいよね。」

三田 「本当にそう。」

吉田 「みんなちゃんとやろうって気があるから。でも、ちゃんと教えてあげないとなって思った。」


スポンサーリンク