NMB48太田夢莉 テレビの歌番組でセンターに抜擢されたときの意外な反省点とは?「TEPPENラジオ」

teppenradio20170418-7
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年4月18日放送

出演メンバー

太田夢莉(ゆうり)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

スポンサーリンク

昨年12月の『日本有線大賞』の『僕はいない』でセンターを務めた

矢倉 「『日本有線大賞』のときに『僕はいない』で夢莉ちゃんがセンターやったやん。どうやった?緊張した?」

太田 「12月なので、もう4ヶ月前ですかね。その前に(11月の『ベストヒット歌謡祭』で)山本彩加ちゃんがセンターでやってたので。」

矢倉 「やってたな。インパクト大やった。」

太田 「だから、どんどんセンターを回していく感じなのかな?って思ってたら、自分がやるってマネージャーさんから教えていただいて。うわ~!まじか!って思って。」

矢倉 「うんうん。」

太田 「しかも、『僕はいない』って(センターは)1人だけ衣装が違ったりとか、あと冒頭でも。」

矢倉 「そうそう、1人で歌うからな。」

太田 「はい。そういうのもあったり、みるきーさんがセンターだったいうことですごいプレッシャーもありながら。」

矢倉 「いや~、めっちゃかわいかったよ。」

太田 「え~、ありがとうございます。」

矢倉 「最高やった。」

太田 「でも、あのとき前髪が長くて。ちょっとそれが惜しかったっていう自分の反省点。ちょっと前髪が長かったな~って思いました。」

矢倉 「なるほどね、(前髪で)ちょっと影になったりするもんな。って、そこかい!(笑)」

太田 「(笑)」


スポンサーリンク