NMB48吉田朱里 昔の太田夢莉は生意気な感じで先輩にもガツガツ行くタイプだった「TEPPENラジオ」


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年7月16日放送

出演メンバー

森田彩花(あやてぃん)
吉田朱里(アカリン)

印象が変わった先輩・後輩について

森田 「朱里ちゃんは全然怖いイメージはなかった。」

吉田 「お~。ほんまに?」

森田 「うん。全然。」

吉田 「珍しいな。『怖い』って言われることも多いけど。」

森田 「全然それは思わん。」

吉田 「へ~。あやてぃんが入ってきたときは、まんまかも。でも、ここまでギャルっぽいっていう印象はなかったけど。」

森田 「あ~。」

吉田 「まあ、ちょっとヤンチャしてるかなとは思ったけど(笑)」

森田 「(笑)」

吉田 「そんなギャルっていうイメージはないですね。」

森田 「昔のほうがサバサバしてたかもしれへん。」

吉田 「黒髪でハーフアップしてたイメージ。」

森田 「あ~、してましたわ(笑)」

吉田 「優ちゃん(石田優実)とか、もっとクソガキやったイメージやけどな。最初。」

森田 「わたし、入ってきたとき、研究生時代をずっと一緒に過ごしてきたから。」

吉田 「うんうん。」

森田 「初めの頃は優ちゃんのことめっちゃ怖かった。」

吉田 「あ~、そうやんな。優ちゃん、最初、怖いイメージ。」

森田 「めっちゃ怖かったですね。」

吉田 「もう、みんな最初のときと変わってしまってるもんな。」

森田 「うん。全然変わってる、みんな。」

吉田 「城(恵理子)なんてめちゃくちゃ子供やったけどな(笑)」

森田 「(笑)」

吉田 「夢莉とかもっとロリやったもんな。可愛い感じ。」

森田 「あ~。でも、全然喋らへんかったから、機会的にも。」

吉田 「そうなんや。夢莉はもっと生意気な子って感じやった(笑)」

森田 「今の感じしか知らんから、そのロリな感じが、どんな感じやったんかな?って。」

吉田 「そっか。」

森田 「ロングのときとか。女子女子してたんかな?って思う。」

吉田 「女子女子っていうか、まあ、でも、可愛いお洋服とかも着てたし。」

森田 「うんうん。」

吉田 「今、すごい“気い使い”やん。」

森田 「うんうん。」

吉田 「腰が低いというか(笑)」

森田 「(笑)」

吉田 「だけど、当初の夢莉は先輩にもガツガツ行くタイプ。」

森田 「へ~、全然想像できへん。」

吉田 「そうやったから、どんどん大人になって。」

森田 「へ~、今の感じしか分からないんで。」

吉田 「まあ、でも、大人になったなって感じ、わたしからすると(笑)」

森田 「もう20歳になりますもんね。」

吉田 「あんなにちっちゃかったのに夢莉ちゃんって感じかな(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME