スポンサーリンク

NMB48南羽諒 ドラフト候補生の合宿はきつくてやめようと思った『ホテルの窓から飛び降りようかなレベルでした』「TEPPENラジオ」

スポンサーリンク


画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2019年5月21日放送

出演メンバー

南羽諒(はあさ)
吉田朱里(アカリン)

ドラフト候補生の合宿がきつかった

リスナーからのメール「今までの人生で一番ドキドキしたことは何ですか?」

吉田 「ドキドキしたこと、何?」

南  「やっぱりオーディションですね。」

吉田 「あ~、そうやんな。オーディション。」

南  「はい。」

吉田 「どんなんやった?」

南  「え~、ドラフト会議のオーディションは…。」

吉田 「合宿とかあるよな?」

南  「ありました。合宿がもうきつ過ぎて。」

吉田 「うんうん。」

南  「やめようと思いましたもん。」

吉田 「うそー?」

南  「その瞬間にやめようって思いましもん。」

吉田 「どんなんやったん?」

南  「めっちゃ怖い先生に、歌もダンスも、ずーっと休みなしに。」

吉田 「うんうん。」

南  「1日中ずーっと踊り続けて。人数も多かったんで、飲み物もなくなるんですよ。」

吉田 「うわ~。」

南  「だから、喉カラカラで、お腹空いた状態で、ずーっと踊り続けて。」

吉田 「やめようと思った?」

南  「はい。」

吉田 「そうなんや。ドラ3ってそんなに厳しく育て上げられたんや。」

南  「めっちゃ厳しかったです。」

吉田 「そっか。」

南  「もう、ホテルの窓から飛び降りようかなレベルでした(笑)」

吉田 「やめて、ほんまに(笑)。そんなにきつかったんや。」

南  「きつかったです。」

吉田 「へ~、そうなんや。」

南  「はい。」

吉田 「でも、それでオーディションに受からんかったら嫌やもんな。それはドキドキするよな。」

南  「はい。ドキドキでした。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TEPPENラジオ
アイリータイム IRIE TIME