NMB48清水里香 矢倉楓子に希望を与えてもらったエピソード「SHOWROOM」

rika-showloom20180226
画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2018年2月26日配信

出演メンバー

清水里香(りかてぃー)

清水里香にとって矢倉楓子(ふぅちゃん)はどんな人?

クサい言葉で言うと希望を与えてくれた人です。楓子さんは覚えてないかもしれないけど。

わたし、5期生で最年長で、もう19歳なんですよ。年齢をすごく気にしてた時期があって。その時期に、楓子さんと「今、何歳やっけ?」っていう話になったことがあって。

その前に若い子の話をしてて、「14歳とか15歳とか若いですよね。」「若いよな~。」みたいな。で、「りかてぃーは今、何歳やっけ?」って言われて、「もう19歳になります。」って言ったんですよ。そしたら、「え~、そうなんや。じゃあ、まだまだこれからやな。」って言われて。わたし、ふざけて「いや~、もう終わりですよ~(笑)」って言ったら、「そんなことないよ。19、20、21歳が女の子が一番可愛くなるときなんやって。だから、楽しみやな。」って言われて、もうそのとき泣そうになって。

これは、(木下)百花さんの卒業イベントがあったじゃないですか。そのときの楽屋でメイクをしてたときの話なんですよ。

わたし、今まで「5期生で19歳ってけっこうアレやな。」って言われることが多かったから、楓子さんに初めてそう言われたんですよね。「楽しみやな。頑張ろうね。」って言ってくれて。ちょっとびっくりして、「はい。」って言って。優しいな~って思って。

楓子さんはそのときまだ卒業発表してなかったから。その何ヶ月後かに楓子さんが卒業発表をして、わたし、それを思い出して泣いたんですよ。だから、そのとき言いました。「そう言ってもらったのが本当に嬉しかったです。卒業までよろしくお願いします。」って。

楓子さんとはそれが一番の思い出。それまで楓子さんとあんまり喋らなかったんですよ。たまたまけっこう喋ったときがその内容だったから。

それがあったから、楓子さんの卒業コンサートが近づくのがどんどん寂しくなっちゃって。だから、時間を大切にしようと思って、会う度に「楓子さーん!」ってよく話してます。


スポンサーリンク
error: Content is protected !!