スポンサーリンク

NMB48山本望叶 小学生の頃のトラウマを語る「SHOWROOM」


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2021年9月12日配信

出演メンバー

山本望叶(みかにゃん)

小学生の頃のトラウマ

(コメント「カエルは触れますか?」)

無理っすね。小4くらいのときに、学校の帰り道、普通に帰ってて、友達と。で、なんか、年下の男の子がカエルを持って、望叶の背中の中に入れたんですよ、服に(笑)。それでマジで無理になった。まあ、それまでも別に好きではなかったけどさ。マジでそのときは背中から吐きそうになった(笑)。それでマジで無理になった。ヤバくない?(笑)小学生ってほんまにヤバい(笑)。何するか分からんからさ(笑)。ヤバいよね。今思ったらほんまにヤバいなって。ヤバいことされてる。分かる?もう背中の皮膚から吐きそうになった(笑)。

(コメント「カエルのほうもパニック」)

たしかに(笑)。カエルのほうがパニックやな(笑)。カエルのほうがトラウマ(笑)。

野良猫がいると思ったら…

この前ね、夜歩いとったら、普通に野良猫いるなって思って。2匹おって。近づくやん。じゃあ、タヌキやってん。普通に野良猫やと思って行ったら様子がおかしくて。尻尾が丸いし。顔も猫じゃないし。タヌキやったんですよね。でも、タヌキなんか見たことないから、大阪で。そんなことある?と思って動画を撮ってお姉ちゃんに送って。「猫かと思ったらタヌキなんだけど」って言って送って(笑)。

(コメント「尻尾は縞模様でした?」)

縞模様じゃなかった。なんちゃらグマみたいなあれではない。「マジでタヌキなんだけど」って言って(笑)。タヌキがいました。山口では車に乗ってるときに道路におったりはしたけど。だからさ、これ電話したほうがいいんかな?と思って、動物保護の人に。まあ、してないんですけど。びっくりした。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!