NMB48前田令子 レコーディングのときに“勝負”と思っていること「じゃんぐるレディOh!」


画像引用 twitterより
「じゃんぐるレディOh!」2022年3月7日放送

出演メンバー

南羽諒(はあさ)
前田令子(れいこ)
岡本怜奈(れなたん)

スポンサーリンク

レコーディングについて

前田 「いつも数人ずつで歌割りがあるやんか。」

岡本 「はいはい。」

前田 「だから、いつもレコーディングのときはどれだけ自分の声を音源に乗せられるかが勝負やと思ってるから。」

岡本 「お~。」

南  「すごい。」

前田 「いつも癖強めに歌ってる。」

岡本・南 「へ~。」

岡本 「聞こえるようになるポイントとかあるんですか?」

前田 「昇格したときに、初めてチームMで『青春はブラスバンド』っていう曲をレコーディングしたときに、あんちゅ(石塚朱莉)さんと歌割りが一緒やってんやんか。」

岡本 「お~。」

前田 「あんちゅさんもけっこう歌声の癖強いやん。」

岡本 「そうですね。」

前田 「その結果、あんちゅさんに食われちゃって。自分の声が全然聞こえへんかってん。」

岡本・南 「あ~。」

前田 「それがめちゃめちゃ悔しくて。どうやったら音源に乗せられるかを。ちょっと自分の声よりも高めの声を出したり、ちょっと癖強めにアクセントをつけたりとかやったら自分の声が聞こえるようになって。レコーディングのときはいつもそうしてる。」

岡本 「そんなポイントがあったんですね。」

前田 「そう。」

南  「そんなん考えたことなかったわ(笑)」

岡本 「わたしも(笑)」