スポンサーリンク

NMB48南波陽向 水着グラビアについて語る『やりたくないわけでもないし…でも、恥ずかしいっちゃ恥ずかしいしみたいな(笑)』「SHOWROOM」


画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2020年7月23日配信

出演メンバー

南波陽向(ひなちょ)

水着グラビアについて

(高校生ではなくなって年齢を感じるという話から…)

(コメント「グラビアも出来る年齢やなぁ(笑)」)

ほんまやね。でも、スタッフの人とかそういう運営から見て、わたしは多分「グラビアじゃない」みたいな判断されてそう(笑)。ありそうじゃない?なんか、雰囲気的に。ありそう。

(コメント「ならーずからはグラビアの気配を感じない」)

おもろい(笑)。めっちゃおもろい(笑)。正直、自分でも感じてない。

(話題が)グラビアになった瞬間みんなコメントしてくる(笑)。何?(笑)ほんまに面白い。分かりやすいですね。

でも、自分的にはどうなんやろ?どっちとも言えへん感じ。やりたくないわけでもないし…でも、恥ずかしいっちゃ恥ずかしいしみたいな(笑)。

綺麗なグラビアっていいですよね。何て言うん?そういう…三大欲求に任せるほうではなく、芸術としてのグラビアはすごい綺麗やなと思う。体型美、違うか?(笑)

(コメント「女の子が憧れる系ね」)

そう。女の子が憧れる。水着と女の子は可愛いもんやし。やから、そういうのって可愛いなって思う。

(コメント「グラビア=水着ではない」)

そう。「グラビア=水着じゃない」で思い出したけどさ、撮影とかでよく「グラビア」って資料が送られてくるんですよ、説明資料みたいな感じで。「今日の撮影はこんな感じです」みたいなので「グラビア」って書いてて、「水着?」ってみんな思ってたらしくて。でも、それ、ただただ一人で撮るグラビアってこと。だから、水着ではない。

けど、ここでの話の「グラビア」は水着の話です。このSHOWROOMでの今の「グラビア」は水着の話。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!