スポンサーリンク

山本彩 お兄ちゃんの友達を好きになるという気持ちは分かる?「アッパレやってまーす!」


画像引用 twitterより
「アッパレやってまーす!」2018年12月31日放送

出演メンバー

山本彩
濱口優(よゐこ)
有野晋哉(よゐこ)
鈴木拓(ドランクドラゴン)

お兄ちゃんの友達を好きになるという気持ちは分かる?

中学生のリスナーからのメール「わたしは今、ある人に恋をしています。それはお兄ちゃんの友達です。

お兄ちゃんは高校2年生。お兄ちゃんの友達が家によく遊びに来るのですが、そこで出会って、いつの間にか好きになってしまいました。お兄ちゃんとわたしは仲が良いのですが、恋愛の話なんかしたことありません。お兄ちゃんにも相談できないし、どうしたらいいか分かりません。

まだ先のことですがバレンタインデーが気持ちを伝えるチャンスだと思っています。もし上手くいってもお兄ちゃんにどんな顔をしたらいいか分かんないし、ダメだったときはもう二度と家に来ないと思います。兄弟がいるさや姉のアドバイスを聞かせてください。」

山本 「いや、もう、めっちゃ分かりますよ。」

鈴木 「え~、こんなことあったの?」

濱口 「今までで一番いきいきしてますよ(笑)」

鈴木 「こんな経験あったの?」

山本 「“あるある”じゃないですか?」

濱口 「お兄ちゃんおるもんな。」

山本 「わたしもお兄ちゃん2人いますし。」

鈴木 「はいはい。」

山本 「一番上のお兄ちゃんが5個離れてるので。中高がかぶらないんですよ。わたしが中学生のときは高校生みたいな感じなので。」

鈴木 「はい。」

山本 「やっぱり、大人に見えるじゃないですか。特に中学生のときの高校生なんて。」

一同 「うんうん。」

鈴木 「バリバリ大人ですよ。」

山本 「で、(お兄ちゃんの友達が)家に来てっていうときに、意識もするじゃないですか。」

一同 「うんうん。」

有野 「優しいやろうしな。」

山本 「はい。そりゃあ、好きになりますよね。」

一同 「(笑)」

鈴木 「じゃあ、さや姉も好きになったんですね?」

山本 「わたしは好きになったことはないです。ただ、やっぱり、みんなかっこよく見えます。」

鈴木 「へ~。」

濱口 「かっこいいな~って、憧れの目で見る?」

山本 「うん。」

鈴木 「なるほど。お父さんとかお兄ちゃんとは違った異性の感じってことですね。」

山本 「そうですね。そうだと思います。」

有野 「これはどうしたらいいの?告白すべきなの?」

山本 「徐々にアピールしていく感じなんじゃないですかね。」

鈴木 「どんな感じでアピールします?」

山本 「お兄ちゃんの友達が来たときにお茶を出すとか。」

濱口 「可愛い(笑)」

鈴木 「お母さんが持って行くところを『わたしが持って行こうか?』みたいな?」

山本 「っていう延長で、ちょっと話すとか。」

鈴木 「なるほど。でも、その間、お兄ちゃんに見られてて、『あれ?こいつちょっと恋してるんじゃないか?』ってなったら?」

山本 「もう、それはそれで話しやすいんじゃないですか?気づかれたほうが。」

鈴木 「でも、この子は言ってますよ。お兄ちゃんにどんな顔をしたらいいか分かんないんですって。お兄ちゃんには隠したいんですよ。」

有野 「バレると恥ずかしいのかもね。そういうのが今まで無かったから。」

鈴木 「どうします?バレたくないんですって。だから、彼にだけ伝えたいんです。」

山本 「じゃあ、もう言わない方向で。」

有野 「バレンタインも?」

山本 「バレンタインは渡したらいいと思います。」

鈴木 「でも、もし上手くいってもお兄ちゃんにどんな顔をしたらいいか分からないって。」

山本 「もう、それは上手くいったときに考えなさい。」

一同 「(笑)」


スポンサーリンク
スポンサーリンク
アッパレやってまーす!
アイリータイム IRIE TIME
error: Content is protected !!