NMB48磯佳奈江 市川美織の卒業は寂しい!仲が良く家族ぐるみの付き合いだった「TEPPENラジオ」

teppenradio20180130-3
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年1月31日放送

出演メンバー

磯佳奈江(いそちゃん)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

仲が良い市川美織の卒業発表について

磯  「みおりんはだいぶ先輩ですけど、年齢は同じで。」

吉田 「仲良かったもんな。」

磯  「みおりんとは磯家と旅行も行くぐらい仲が良くて。」

吉田 「え~!」

磯  「わたしのお父さんとお母さんやお兄ちゃんと弟も、家族全員とご飯に行くぐらい。」

吉田 「そうなんや。」

磯  「わたしの友達ともご飯に行くぐらい。」

吉田 「そんなに仲良いの!?」

磯  「地元の友達と一緒にご飯に行くぐらい仲が良くて。なので、卒業はびっくりしましたし。」

吉田 「聞いてなかったん?」

磯  「まあ、『もうそろそろかな』っていうのは、ほんのり言われたことはあったんですけど。」

吉田 「うんうん。」

磯  「それが本当だとは思わなくて。」

吉田 「そうか、そうか。」

磯  「いつとは言ってなかったので、こんなに早いとは思ってなくて。知ったときはすぐ連絡しましたね。」

吉田 「そうなんや。」

磯  「大先輩ですしね。」

吉田 「みおりんはもうNMBのほうが長いもんな。」

磯  「そうなんですよね。」

吉田 「移籍なんて簡単なことじゃないし。みおりんはAKBで成功してた人やったから。」

磯  「うんうん。」

吉田 「そこから移籍ってなってもちゃんとできたのはすごいなって思う。」

磯  「うんうん。」

吉田 「ちょっとAKBのお仕事させてもらうだけでも全然環境が違うから。それを変えるっていうのはすごいなって思った。」

磯  「全部を変えなきゃいけないですもんね。みおりん、寂しいですね。」

吉田 「寂しいよな。」

磯  「まあ、でも、残りもう少しあると思うのでね。一緒に何かできたらいいなと思います。」

吉田 「そうやね。」


スポンサーリンク