NMB48矢倉楓子 まだ実感は無いけど卒業後メンバーに会えなくなるのは寂しい「TEPPENラジオ」

teppenradio20180109-10
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2018年1月9日放送

出演メンバー

矢倉楓子(ふぅちゃん)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

卒業発表をした去年一年間を振り返るとどんな年でしたか?

矢倉 「去年は楽しかったです。」

吉田 「そうなんや。スッキリした顔してるな。」

矢倉 「はい、スッキリしました。あと、色んなところでライブをさせてもらえて。」

吉田 「うんうん。」

矢倉 「わたし的にはアジアツアーが思い出に残ってて。」

吉田 「そうなんや。」

矢倉 「卒業前に海外の方に観てもらえるっていうのは特別だったし、メンバーとの思い出もいっぱいできたなって。」

吉田 「うんうん、そうやんな。卒業発表する前とした後やったら、NMBの見方が変わってくるんじゃない?」

矢倉 「客観的に見ることができたりとか、メンバー一人一人のことを見れるようになって。この子のこういうところがいいな~とか、すごく感じるようになりました。」

吉田 「あ~。」

矢倉 「メンバーのことがもっと好きになりましたね。」

吉田 「うんうん。ちょっと寂しさはある?」

矢倉 「今は全然感じてなくて。」

吉田 「そうなんや。まだ実感は無いのかな?」

矢倉 「そうかも。まだみんなと離れるっていう実感はね。」

吉田 「恵ちゃん(上西恵)はめっちゃメンバーに会いたがるもん。」

矢倉 「めっちゃ会ってるイメージ。わたしもこの間、ご飯一緒に食べたりして。」

吉田 「誘ったらすごく喜んでくれるねん。恵ちゃんはすごく気を使うから、メンバーは忙しいんかな?とか思うから、わたしが色んなメンバーを連れて行くねんやんか。」

矢倉 「お~。」

吉田 「そしたらすごく喜んでくれるから。やっぱり会えなくなると寂しいのかなって。」

矢倉 「そうですよね。そうなるのかな。」

吉田 「だって、ほとんどの時間をメンバーと過ごしてるわけやから。」

矢倉 「7年間ぐらいずっとね。そう思うと寂しい。」

吉田 「青春ですね。」


スポンサーリンク