NMB48矢倉楓子 すっきりした?卒業発表をした今の心境を語る!「TEPPENラジオ」

teppenradio20171024
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年10月24日放送

出演メンバー

久代梨奈(りなっち)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

スポンサーリンク

7周年ライブで卒業発表。そのときの気持ち、今の気持ちは?

矢倉 「本当にずっと考えていたことなので、やっと自分の気持ちをみなさんに伝えることができて。自分的にはすっきりしましたけど。」

久代 「そっか。」

矢倉 「りなっちもあのライブにいたやん?」

久代 「うんうん。」

矢倉 「あの空気感の中で卒業発表するのはだいぶ勇気がいったよ!(笑)」

久代 「(笑)」

矢倉 「ものすごく盛り上がってたやんか。」

久代 「すごく盛り上がってたもんな(笑)」

矢倉 「7周年を迎えて8年目も頑張って行くぞ!みたいな、熱い空気の中、わたしが『ちょっと待ってください』っていうね。」

久代 「びっくりしたな~。」

矢倉 「わたし、その一言を言うまで、ずっと“心ここにあらず”みたいな感じやった。ドキドキしてた。だってすごく“KY”やったやん。すごい盛り上がりの中、申し訳なかったんですけど。」

久代 「いやいや。すごく気持ちが伝わった。」

矢倉 「ほんまに?」

久代 「うん。」

矢倉 「ちょっと、ドキドキしすぎてほとんど記憶が抹消してるんですけど(笑)。なんか早口で言いすぎたみたいで。」

久代 「そうやったかな?」

矢倉 「みんな、『ふぅちゃんほんまに卒業するの?』みたいな(笑)」

久代 「(笑)」

矢倉 「(卒業発表のあとに)最後にもう1曲、Wアンコーで『NMB48』を歌わせてもらったんですけど、そのときに、メンバーに『ほんまに?』って聞かれたぐらい。早口で喋りすぎてよく分からへんみたいな。」

久代 「すごく簡潔に言ってたなって思ったよ。」

矢倉 「ほんまに?ちゃんと伝わってたらいいけど。」

久代 「わたしには伝わった。」

矢倉 「7周年っていうすごく大切なところで言わせてもらって、本当にありがたいなって思いますね。」


スポンサーリンク