NMB48矢倉楓子 大段舞依 周りのメンバーと比べられる中で自信を持つ方法は?「TEPPENラジオ」

teppenradio20170905-4
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年9月5日放送

出演メンバー

大段舞依(まいち)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

スポンサーリンク

周りのメンバーと比べられる

リスナーからのメール「わたしは喫茶店でアルバイトをしています。最初はやる気に満ちていたものの、同期はどんどん先に進んで行き、どうしても周りと比べていまします。NMB48のお二人は同期と比べてしまったり、思うようにならないときはどうしていますか?また、これだけはメンバーに負けないと思うことはありますか?」

矢倉 「この世界って比べられるところやから。順位をつけられたり、序列もあるし。」

大段 「うん。確かに。」

矢倉 「わたしも他のメンバーと比べて落ち込んだりした時期もあったんですけど。でも、自分にしかできないことが一人一人に絶対あるんですよ。」

大段 「うんうん。そうですね。そういうのを見つけて、やってますよね。」

矢倉 「あと、『この子のここが良い』って、その子を認めて、その子の良いところを吸収して。更に、自分は周りの子よりプラスアルファでこれもあるぞ!っていう何かを見つけて、自信をつけるっていうか。」

大段 「うんうん。わたしがよくやってるのが、公演終わりにDMM配信を見て。自分の悪い所とか、自分が注目してるメンバーとかを見て、『この人のここが良い!自分はこれもやってあれもやろう!』みたいな、自分で考えてる力をつけて。」

矢倉 「うんうん。」

大段 「人よりも発想力を高めようと思って。」

矢倉 「それはすごい。」

大段 「わたしは『劇場公演は誰にも負けない!』って言っちゃってるんで(笑)」

矢倉 「うんうん。」

大段 「だから、それぐらい頑張ろうって。」

矢倉 「うんうん。自分にプレッシャーを与えてるんやな。」

大段 「そうなんですよ。与えてます。」

矢倉 「考える力は大切やな。」

大段 「そうですね。」

矢倉 「あとは自信を持ってね。」

大段 「あとは(喫茶店のバイトなら)愛嬌とかも。」

矢倉 「そうやな。喫茶店なら接客もあるもんな。」

大段 「笑顔を絶やさないことですね。」

矢倉 「そうやね。笑顔で楽しく考えすぎず。」

大段 「笑顔でいきましょう。」


スポンサーリンク