NMB48大段舞依 よくあるパターン?NMB48に入ったきっかけについて語る「TEPPENラジオ」

teppenradio20170905-10
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年9月5日放送

出演メンバー

大段舞依(まいち)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

スポンサーリンク

NMB48に入ったきっかけは?

将来の夢の話から、NMB48に入ったきっかけの話へ・・・

矢倉 「将来の夢は何でもできるタレントさんになること?」

大段 「はい、そうなんです。バラエティーも、モデルさんとかファッション系も、女優さんも。本当に何でもできるようになりたいなって。マルチな。」

矢倉 「マルチタレントね。」

大段 「はい、マルチタレントさんみたいな感じで。」

矢倉 「NMBに入るきっかけは『芸能界に憧れてた』みたいな感じ?」

大段 「いや、正直そういうのは全く無くて。NMBに入ったきったけは、高校3年生のときに就職活動みたいなのをするんですけど。」

矢倉 「うんうん、あるな。」

大段 「そのとき、NMBが好きな友達がいて、『(NMB48)4期生に応募してるねんけど、一緒に履歴書だけでも送って。』って言われて。それがきっかけで。」

矢倉 「うんうん。」

大段 「それがきっかけで、『分かった~』って言って送って。で、あるあるなんですけど、わたしだけ受かって、みたいな(笑)」

矢倉 「あ~、あるあるやな(笑)」

大段 「そうなんです。で、そっから最終(審査)まで行ったから。それなら頑張ろう!ってなって、合格して。それがNMBに入ったきっかけなんですよ。」

矢倉 「へ~、そうなんや。」

大段 「もともと芸能活動をやりたいとかじゃなかったので、今ではその友達に感謝です(笑)」

矢倉 「そうやんな。」

大段 「その友達も応援してくれてるから。」

矢倉 「良い関係やねんな。」

大段 「そうです。今もずっと良い関係で仲良しで。『頑張れ!』って言ってくれたり。」

矢倉 「嬉しいな。」

大段 「劇場公演にも遊びに来てくれたんですよ。」

矢倉 「え~!」

大段 「それぐらい今も仲良いので。その友達に感謝です。」

矢倉 「その子との出会いが無かったら、今が無いもんな。」

大段 「そうなんです。無かったんですよ。だから良かったです。」

矢倉 「マルチタレントさんの夢も頑張ってな。」

大段 「はい。ありがとうございます。」


スポンサーリンク