NMB48大段舞依 後輩メンバーはみんな矢倉楓子のリハーサルに取り組む姿勢を見習っている「TEPPENラジオ」

teppenradio20170905
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年9月5日放送

出演メンバー

大段舞依(まいち)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

スポンサーリンク

劇場公演について

矢倉 「劇場公演は大事にしてる?」

大段 「はい、一番大事。ファンの方に見つけてもらえるのと、あと、自分の成長を見てもらえる機会やし。劇場公演は本当に大事です。」

矢倉 「うんうん。一緒に劇場公演に出たことはあんまり無いよな?」

大段 「チームMのRESET公演で1、2回一緒になったことがあるぐらいで。あんまり公演が一緒になったことは無いですね。」

矢倉 「そうやんな。」

大段 「でも、リハーサルの楓子さんを見習って、リハーサルもめっちゃ真剣にやろうと思って。楓子さんは選抜とかに入ってるけど、ほんまにちゃんとしてるっていう。後輩の中でも楓子さんの名前が絶対に出てくるんですよ。」

矢倉 「え~、ほんまに?」

大段 「そう。だから、みんな仕事とかで疲れてても、『楓子さんみたいにちゃんとやっていれば見てる人は見てるよ』みたいな、みんな楓子さんの話をしてます。」

矢倉 「嘘や~!それほんまに?(笑)」

大段 「本当です、本当です。」

矢倉 「(褒めても)何も出えへんで~(笑)」

大段 「(笑)」

矢倉 「嬉しいけど、褒められ慣れてないから(笑)」

大段 「でも、本当に楓子さんを見習ってて。わたしもずっと見てます。」

矢倉 「ほんまに?」

大段 「はい。」

矢倉 「嬉しい~、ありがとう。」

“2017倍かわいい”ってどういうこと?

大段 「今年は2017年じゃないですか?」

矢倉 「うんうん。」

大段 「そこで一番かわいいのはわたしだよっていう、自分へのプレッシャーというか。そういうかわいさを持って、頑張れ自分!っていう意味で言ってるんです。」

矢倉 「あ~、なるほど。」

大段 「そうなんです。」

矢倉 「なんか、前回のゲストやった桃寧(安田桃寧)が、『(ファンに)れなぴょん(川上礼奈)とかまいちみたいになってきてるからヤバい。』って言われてるって。ヤバいって言われたで(笑)」

大段 「ちょっと~(笑)。ファンの人に『桃寧がまいちに似てる。』ってめっちゃ言われるんですけど、わたし、全く何も教えてないから。」

矢倉 「背中を見て学んでるんかな(笑)」

大段 「そう、このヤバいわたしを見て学んでくれてるんやなって(笑)。まあ、嬉しいですけどね。」

矢倉 「うんうん(笑)」


スポンサーリンク