NMB48矢倉楓子 ゴキブリが怖い!昔は毎日ゴキブリが出る家に住んでいた!「TEPPENラジオ」

teppenradio20170808-9
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年8月8日放送

出演メンバー

堀詩音(しおん)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

スポンサーリンク

トークテーマ「怖い」

矢倉 「わたしがこの世で一番怖いと思うのがG!ゴキさんです!」

堀  「あ~(笑)」

矢倉 「ゴキのブリさんでございます。」

堀  「なるほど。」

矢倉 「わたしの家にはゴキブリはおらんやろって、勝手に安心しきっててんやん。」

堀  「はい。」

矢倉 「もう、3年以上いてなかったから。」

堀  「はい。」

矢倉 「そしたら、この間、夜中の2時ぐらいかな。わたし、寝るのがすごく遅くて、夜中の2時ぐらいに歯磨きをしようと思って、洗面所に向かってんやん。」

堀  「うんうん。」

矢倉 「そしたら、洗面所に置いてたビニール袋が、カサッ、カサッって鳴るねんやんか。」

堀  「え~!」

矢倉 「何で?って思ってよく見たら、ビニール袋の上に5センチぐらいのすごい大きいゴキブリが乗ってて。」

堀  「え~!」

矢倉 「で、わたしが来たからか急に大人しくなって。ゴキブリって飛んだりするやんか?」

堀  「はい。」

矢倉 「だから、飛んだらどうしようとか、顔についたらどうしようとか、すごく想像しちゃうねんやんか。」

堀  「あ~。」

矢倉 「それで、わたしも立ち止まって、向こうも止まって。」

堀  「(笑)」

矢倉 「それが1分間ぐらい続いて。どっちが動き出すのか!?みたいな。」

堀  「“だるまさんがころんだ”状態ですね(笑)」

矢倉 「そう、もう戦いよ。どうしよう、どうしよう、って考えて。結論、お母さんを起こそうと思って。」

堀  「うんうん。」

矢倉 「お母さんも寝てるところを悪いねんけど、『ママ!ママ!』って、起こしに行ってんやんか。『ゴキブリが!ゴキブリが!』って。『洗面所にいるねん!早く来て!』って。お母さんが寝ぼけながら起きてきて、『おらんやん。』って言ったから、『嘘やん!めっちゃでかいのおるやん!』って言って、パッと見たらいなくなってて。」

堀  「え~。」

矢倉 「そんなにでかいゴキブリが逃げちゃってん。ってことは、まだ家にゴキブリがいるかもしれへんやん。ヤバない?」

堀  「うわ~。ヤバい!ヤバい!」

矢倉 「それがわたしの日々の恐怖。」

堀  「怖い~。」

矢倉 「夜中とか寝るときにその光景を思い出して。」

堀  「気づいたら枕元とかいたら嫌ですね。」

矢倉 「もうほんまに怖い。」

堀  「心霊番組より怖いですね。」

矢倉 「そうやねん(笑)」

堀  「(笑)」

矢倉 「わたし、昔、住んでたお家がめっちゃ田舎やって。まあ、今も田舎やけど、もっと田舎やってんやん。」

堀  「はい。」

矢倉 「そのときは、もう、しょっちゅうゴキブリが出ててんやん。」

堀  「あらっ。」

矢倉 「本を寝転んで読んでたら、目の前にゴキブリが来て、僅か3センチぐらいの距離で。うわ~!ってなって、慌てて飛び上がったりとか。」

堀  「え~!」

矢倉 「寝てる間にもゴキブリがいたりとか。普通にそういうことがあって。」

堀  「へ~。」

矢倉 「でも、3年間ぐらいそういうことが無くなったら、急に怖くなっちゃって。」

堀  「なるほど。」

矢倉 「それまでは、普通に毎日いたから。」

堀  「へ~。」

矢倉 「普通に毎日ゴキブリがいたっていうのも変やけどな(笑)」

堀  「(笑)」


スポンサーリンク