三田麻央 吉田朱里 NMB48にいて仕事ができるのがどれだけ恵まれてるか分かってないメンバーが多い「TEPPENラジオ」

teppenradio20170530-4
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年5月30日放送

出演メンバー

三田麻央(まおきゅん)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

立ち位置に悩んでる後輩に「回り道には回り道なりの楽しみ方がある」と教えた

三田 「そうですね。やりたいことを見つけるのって1番難しいと思うし。」

吉田 「本当に難しいと思う。」

三田 「だからこそ、すぐに諦めるんじゃなくて。何年もかけてじっくり考えてみることも大事やと思うし。」

吉田 「そうやで。」

三田 「決して卒業がダメな道とかじゃなくて、それも一つの道やと思うし、学業に専念するのもいいと思うけど。その前に、もう1回、ここ(NMB48)に入ってるって普通なことじゃないっていうのを。」

吉田 「そうやんな。」

三田 「もう1回、ここで自分が何をしたいのかを考えてみるのも1つの道かなと。最近は(NMB48メンバーの)卒業が続いたし、特に思うかな。」

吉田 「確かに。卒業が続いたもんね。(まおきゅんは)本当に1番いい見本やと思うわ。」

三田 「うれしい。」

吉田 「MCとかまおきゅんがいるだけでほんまに違うもん。」

三田 「アカリンさんがYouTuberっていう道を作ったじゃないですか。」

吉田 「うんうん。」

三田 「後輩からしたら、お手本にするべき先輩が揃っていて。」

吉田 「へ~。」

三田 「彩さん(山本彩)の歌だったりとか、百花さん(木下百花)も全然違う道で活躍してるし、アカリンさんの女子力とか。紅白の投票で上位にいてたし、(それぞれの道を)体現してる先輩で。そういう先輩がいるっていうのも贅沢やから、もっと後輩は有り難味を持って。」

吉田 「いやいや(笑)」

三田 「勉強するべき先輩がいるっていうのはすごく有り難いからね。」

吉田 「でも、自分でそれを気づくのって難しくない?」

三田 「そう。」

吉田 「最近、すごく思うわ。『どうやってキャラを見つけたんですか?』って聞かれりとか、もっとお仕事が欲しいけど『お仕事欲しい』って言うだけで終わっちゃう子とか。そういう子達にどうやってアドバイスしてあげたらいいか、自分自身分からへんし、朱里も最初から女子力っていうのがあったわけじゃないし。」

三田 「うんうん。」

吉田 「ちょっと始めたことが上手い具合に引っ掛かったってところもあるから。自分も偉そうに『やればちゃんと叶うから』って言い切れへんところもあるから。難しいなって思って。」

三田 「でも、一つ一つのお仕事をちゃんとやるっていうのが1番大事で。当たり前のことやけどちゃんとやるっていうのは難しくって。そういうのが全部(次の仕事に)繋がってくるから。小さい携帯コンテンツの撮影とかでもちゃんとやってれば、それが噂になっていってってことはこの世界ではあるし。」

吉田 「確かに、そうやな。」

三田 「だから、一つ一つを丁寧に、としか言われへんかな。」

吉田 「こうやってまおきゅんが口に出して言ってくれてるけど。こう思ってる子が何人いるかって話やねん。ほんまに。」

三田 「そうなの。」

吉田 「できてる子って限られてくるから。」

三田 「(自分達の環境が)当たり前になっちゃうもんな。」

吉田 「朱里達はすごく恵まれた環境で仕事をするやん。」

三田 「そうそう。」

吉田 「当たり前のように公演があって、レギュラー番組があって、こうやってラジオもやらせてもらって。色んなことを経験させてもらってて。それに慣れてくると、やっぱりそういった意識が薄れてくるのもあるよね。」

三田 「そうそう。(普段の仕事が)義務的になったらダメですよね。」

吉田 「一歩外に出たら、自分達のことを使ってくれる人なんて極僅かやんか。」

三田 「そう。NMBとか48グループという垣根を越えて、『この子を使おう』って思ってもらわないといけないから。」

吉田 「そうやんな。1人なったときにまだ力が無いっていうのはじゅうぶん分かってるから。このグループにいると(その感覚が)ちょっと麻痺しちゃうよね。」

三田 「そうそう。麻痺しちゃう。」


スポンサーリンク