NMB48木下百花 吉田朱里 チームM公演のMCは面白くない!「TEPPENラジオ」

teppenradio20170523-5
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年5月23日放送

出演メンバー

木下百花(きのした)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

チームMはどう?

木下 「わたし、全然参加できてなかったじゃないですか。」

吉田 「そうそう、『豆腐プロレス』でね。」

木下 「最近、やっと戻ってきて、公演に出てるんですけど。最初に思ったのが、れなぴょん(川上礼奈)が落ち着いてきてたなって。」

吉田 「あ~、キャプテンとして。」

木下 「うん。うちが出てた初日公演とかは、れなぴょんはめちゃめちゃ焦ってたし、大丈夫かな?って感じやったけど。この間、公演のリハーサルをやってたら、ちゃんと言うところと、ちゃんと黙って聞いてるところがあって。オンオフがちゃんとできてきてるなって。」

吉田 「そう言われてみればそうかも。キャプテンらしさはすごく出てきたんじゃないかな。」

木下 「そう。初日はずっと焦って喋ってたんもんな。」

吉田 「礼奈は人に注意するとき(体が)傾いてるからな(笑)」

木下 「あと、手がワシャワシャしてる(笑)」

吉田 「慣れてないねんやろなって(笑)、かわいいなって思うけどな。まあ、チームMはMCがおもんないからな~。」

木下 「確かに。話してておもんないもん。全方向から投げられてるときがあるねん。」

吉田 「どういうこと?」

木下 「うちに(話を投げられる)。」

吉田 「あ~、なるほどね。」

木下 「後輩の『こっちに(話を)出しとけば大丈夫かな』っていう。まあ、気持ちは分かるけど、それじゃあ伸びへんなとは思うけどな。」

吉田 「まあ、百花に投げたらどうにかしてくれるっていう安心感は同期のわたし達でもあるから、(気持ちは)分かるけど。みんなオチの無い話を延々をするからな(笑)。1つ思うのは百花に対して、みんな気を使うっていうか、百花の扱いを分かってないから。」

木下 「うんうん。」

吉田 「ズバって切ってしまえばいいのに、『あっ、あっ、』みたいにおどおどしちゃって、百花がほんまに怖い人に見えたりとか。」

木下 「そうやな。うちがいないときってどんな感じやった?」

吉田 「MCが普通に淡々と終わってた。」

木下 「へ~。」

吉田 「(百花は)どっかで乱そうとするやん?」

木下 「うちは乱すな。」

吉田 「それがMの良さやのに、それが無く淡々と普通の話で終わってたかな。」

木下 「なるほどね。みんな“アイドル”なんやな。」

吉田 「そうやと思うわ。実際、正統派が多いやん?」

木下 「多いな。」

吉田 「朱里とか礼奈みたいな、イロモノみたいな奴もおるけど、正統派で売ってる子がいっぱいいるから。」

木下 「うんうん。でも、優美ちゃん(石田優美)とか、めっちゃおもしろいねん。先輩に対してめっちゃ馴れ馴れしいやんか(笑)」

吉田 「そう、おもしろいよな。」

木下 「あと、なぎちゃん(渋谷凪咲)も伸びてるなって思った。」

吉田 「なぎちゃんはめちゃくちゃおもしろい。」

木下 「あの子は1人でも喋れるからな。」

吉田 「そうそう、なぎちゃんはMCの流れをちゃんと作ってくれるから。(周りが)それを上手くキャッチボールできたらいいねんけど。」

木下 「まあ、うちらががんばるべきじゃないですかね。」

吉田 「がんばるべきですよね。あと、磯ちゃん(磯佳奈江)を伸ばしたいなって言う(笑)」

木下 「磯ちゃん(笑)。磯ちゃんはクソつまんないからな!(笑)」

吉田 「いつもそれ言うやん(笑)」

木下 「うち、本人にも言ってるもん、『ほんま、つまんないな』って(笑)」

吉田 「かわいそう(笑)」

木下 「ほんだら、めっちゃ真面目やから『すいません』みたいな言うねんやんか(笑)」

吉田 「めちゃくちゃ良い子で、常識人やからな。」

木下 「そうやねん、めちゃめちゃ常識人やから。だから毎回『おもんないな』って言う(笑)」

吉田 「(公演で)3人でMCしてるんですけど、わたしと百花が勝手なことを言ってバンバンしていって、磯ちゃんがただただ困るっていう(笑)。朱里達も上手くやらんなあかんな。」

木下 「そうそう。磯ちゃんももっと殻を破らんなあかんで。」

吉田 「そうやな。」

木下 「クソつまんないからな(笑)」

吉田 「(笑)」


スポンサーリンク