NMB48林萌々香 初期の頃はイケイケな格好で中二病のヤンキーだった?「TEPPENラジオ」

teppenradio20170509-6
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年5月9日放送

出演メンバー

林萌々香(モカ)
矢倉楓子(ふぅちゃん)

スポンサーリンク

一人っ子で妹感が強いモカちゃん オーディションのときのイメージは?

矢倉 「モカちゃん、一人っ子やねんな。」

林  「そうなんですよ。よく弟とか男兄弟がいてそうって言われるけど。」

矢倉 「いてそう、いてそう。」

林  「けど、一人っ子で。」

矢倉 「オーディションの初めのほうで見たモカちゃんがすごくイケイケやって。」

林  「(笑)」

矢倉 「前髪をちょんまげみたいに上げて。」

林  「うんうん(笑)」

矢倉 「格好も、めちゃくちゃダンスができる子、みたいな。」

林  「そうそう。」

矢倉 「なんか英語が書いてあるイケてるダボっとしたパンツで。」

林  「あ~、ちょっとダボっとしたね。」

矢倉 「ダンサーって感じの格好をしてたやん。」

林  「してました、してました。」

矢倉 「だから、『やばい!この子は絶対ヤンキーなんちゃうか?』みたいな(笑)」

林  「(笑)」

矢倉 「で、ダンスもめちゃくちゃできそうやなって思ってたら、こんな感じの可愛いモカちゃんで(笑)」

林  「(笑)。ダンスはちょっとだけやってたから。」

矢倉 「やってたんや!(笑)」

林  「(NMB48に)入る前に3、4年ぐらい。」

矢倉 「3、4年もやってたんや。」

林  「だから、(ダンスが)できる風な見た目から入っていこうと思って。」

矢倉 「格好からね。」

林  「ダボっとしてる服を着てたらちょっと上手そうに見えるやん。雰囲気が。」

矢倉 「『この子ダンスできそうやな』っていうね。」

林  「そうそう。」

矢倉 「でも、その分ハードルは上がるけどな(笑)」

林  「そうやな(笑)。まあまあ、そこはいいかなって思って(笑)。あとは、ちょっと気の強そうな感じでいこうって決めてて。」

矢倉 「だから、ちょっとイカツ目の見た目の感じやったんや。」

林  「そうそう。あと、ちょっと中二病っていうか(笑)、そういう時期があって。」

矢倉 「うんうん(笑)」

林  「ちょうどそのときやって。」

矢倉 「そのときにNMBに入ったんやな。」

林  「そうそう、そうなんですよ。」

矢倉 「第一印象がそれやったから、まさかの可愛らしいモカちゃんで。喋ったらすぐバレるよな。」

林  「そうやねん、よく言われるねん(笑)」

矢倉 「みんなに愛されてるもんな。」


スポンサーリンク