吉田朱里 NMB48に入ってなかったら良い大学に入ってオシャレなカフェでバイトしてモテてるはず 「TEPPENラジオ」

teppenradio20170328-7
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2017年3月28日放送

出演メンバー

川上千尋(ちっひー)
吉田朱里(アカリン)

スポンサーリンク

もしもNMB48に入ってなかったら?

吉田 「朱里はNMBに入ってない人生を考えようと思ったら、小学校3年生まで戻らないとあかんねん(笑)」

川上 「なんで?なんで?」

吉田 「小学校3年生のときにダンスを始めて。そっから、芸能界に入りたい!っていう執着心が沸いてしまって。ずっと芸能界のことしか考えないで生きてきたから。」

川上 「あ~、それで(NMBに)入ったんですね。」

吉田 「そう、それで。まあ、NMBはオーディションを受けた中の1つやってんけど。でも、それが無かったら入ってなかったから。(別の人生を考えるには)そこまで戻らないとあかんねん(笑)」

川上 「けっこう戻りますね(笑)。どうしてたと思いますか?」

吉田 「普通の生活をしてたとしたら、小学校も中学校も真面目に勉強してたと思う。」

川上 「うんうん。」

吉田 「わたし、中学校でもNMBに入るまではちゃんと勉強してたんですよ。塾にも行ってたし。まあ、勉強できないから塾に行ったんですけどね(笑)」

川上 「(笑)」

吉田 「でも、塾に行ってからはちゃんと点数も取ってたし。毎日12時間とか塾にこもって勉強してて。」

川上 「うそー!?すごい!」

吉田 「そう、毎日漢字を写しててん(笑)」

川上 「(笑)」

吉田 「ほんまにそんなんやったから、多分、賢い高校に入ってたと思う。目指してた高校があって。偏差値60以上の高校に行きたいなってずっと思ってたし。」

川上 「けっこう上ですね。」

吉田 「多分行けてたと思うねん。良い大学にも行ってたと思うねんけど、大学に行ったらカフェでバイトしてたと思うんですよ。」

川上 「あ~。」

吉田 「オシャレなカフェでバイトしてて。モテてたと思う(笑)」

川上 「モテるところまで考えてる(笑)」

吉田 「『あそこのカフェの女の子かわいいな』って言われてたと思う(笑)」

川上 「言われてそ~。女子力高いし。」

吉田 「多分、コスメとか好きなのは変わってないんじゃないのかな~って思う。っていう勝手な妄想(笑)」

川上 「妄想がすごい(笑)」

吉田 「ここまで考えてたけど、どう?(笑)」

川上 「いいと思います(笑)。でも、(NMBに入ってなかったら)ほんまになってそうですね。」


スポンサーリンク