NMB48渡辺美優紀 最後の握手会は感謝の気持ちですごく涙が出てきた「TEPPENラジオ」

teppenradio20160607-7
画像引用 twitterより
「NMB48のTEPPENラジオ」2016年6月7日放送

出演メンバー

渡辺美優紀(みるきー)
薮下柊(しゅう)

スポンサーリンク

最後の握手会は感謝の気持ちですごく涙が出てきた

トークテーマ「ラスト」

薮下 「みるきーさんがNMB48ラストということで。」

渡辺 「ラストですね。」

薮下 「どんな心境なんですか?毎日。卒業発表してからとか。」

渡辺 「イエ~イ!!」

薮下 「(笑)。もう1回お願いします。どういう心境ですか?」

渡辺 「イエ~イ!!」

薮下 「(笑)」

渡辺 「めっちゃゲラやん(笑)」

薮下 「ゲラなんです(笑)」

渡辺 「でも、なんか開放感がある。すごく。」

薮下 「なんか想像できへん。」

渡辺 「そっか。卒業発表も早くしたかったし。むしろ(卒業を)決めるまでは、自分がこんなに早く卒業すると思ってなかってん。だって23歳までは絶対(NMBに)いると思ってたから。」

薮下 「うんうん。」

渡辺 「やけど、決めてしまったら気持ちが『あっ、早く卒業しやな』みたいになって、早く卒業しやなって思ってすごしてたから。ファンのみなさんの、すごい寂しいっていう気持ちも伝わってきて、そういうときはすごい寂しいなって思うけど。なんかみんなとの気持ちにギャップがありすぎる。全然寂しくない。寂しくないっていうのは、」

薮下 「次、決めてるし?」

渡辺 「そう、自分の人生の一つやから、NMB48は。」

薮下 「そりゃあ、そうですよね。」

渡辺 「だから、わたしの一つの思い出として大切やし楽しかったから。それはそれでいいじゃないですか。で、次も楽しみやなっていう感じかな。」

薮下 「この前、最後の握手会はどうでしたか?」

渡辺 「最後にセレモニーしてくれたじゃないですか。」

薮下 「してくれましたね、ファンの方。」

渡辺 「めっちゃ泣いた。愛が伝わってくるし。5年半も握手し続けるとやっぱり色んな思いもあるから、みんなにもファンの方にも。だから『あっ、これで終わりなんや』って思うとすごい寂しいし。感謝ですごい涙が出てきた。こんなことも最後までしてくれて。」

薮下 「愛されてる。」

渡辺 「そう、うれしいなって思いましたね。めっちゃうれしかった。」

渡辺 「どうなん?柊は。柊は卒業とか考える?」

薮下 「そりゃあ、よぎることはあったりもしたけど、今はまだ想像できないというか。」

渡辺 「だいたい何歳ぐらいまで続けるんですか?」

薮下 「え~、そうですね・・・じゃあ40歳まで(笑)」

渡辺 「すごく濁しました~。はーい。40歳ということでがんばってください。」

薮下 「がんばります(笑)」


スポンサーリンク