山本彩 木下百花 これからのNMB48はアンチも味方に変えるぐらい頑張らないといけない!「SHOWROOM」

sayamomo-showloom20170617
画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2017年6月17日配信

出演メンバー

山本彩(さやか)
木下百花(ももか)

スポンサーリンク

アンチについて

山本 「まだアンチがいるだけいいのかもしれないってちょっと思っちゃった。」

木下 「ほんまにそうやで。“アンチ様様”でもないけど、“アンチさん”ぐらい(笑)」

山本 「(笑)」

木下 「“アンチちゃん”か“アンチ君”ぐらいかな(笑)」

山本 「“ちゃん”付けするぐらいのね(笑)。でも、たまに気が狂いそうになるときもあるねん。『なんでそんなこと言われやんなあかんの?』って。」

木下 「あ~、そうやな。情報量が少なくて言ってくる奴はだいたい言ってくるパターンが決まってるっていうか。でも、たまにめっちゃ詳しいアンチもいるやん?あれはもう逆に愛おしいよな。」

山本 「うんうん。」

木下 「先生とかにもそうやけど、怒られへんようになったら終わりやと思ってんねん。」

山本 「そうやねん、ほんまに。」

木下 「嫌悪感でさえも示してくれるだけましやで。」

山本 「無関心が一番辛いっていうか。無関心には気づけないかもしれないけど、何も反応が返ってこないっていうのは分かるわけやから。やっていくうえでそれだけは本当にね。」

木下 「だから、今日のSHOWROOMはすごい。」

山本 「どういうこと?(笑)」

木下 「(コメントが)ワーってなってるからすごいわ。」

山本 「うん、うちらを飽きさせないようにたくさん(コメントしてくれてる)。」

木下 「分かった、NMBにアンチを増やそう(笑)」

山本 「そういうことじゃないや~ん!(笑)やめて~!好きになって~!(笑)」

木下 「(笑)」

山本 「そのアンチさえも味方に変えてやっていくつもりなんで。NMBはそういうグループなんで。わたしは昨日のNMB全員でのSHOWROOM配信を観て、NMBのこういうところが好きやなって、メンバーとして誇らしいなって。その場にはいれなかったのが悔しいぐらい。」

木下 「どんなんやったん?」

山本 「まあ、ただのワチャワチャやってんけど(笑)」

木下 「いいやん。」

山本 「そうそう。それを全員でできるっていうのがNMBの良さやなって思ったから。」

木下 「良さやな。だって、みんなめっちゃふざけてるもん。みんな真面目に本気でふざけてるから。良いなって思うわ。」

山本 「うんうん。」

木下 「みんなふざけることに必死。いらんところでもおもしろくしようとするもん。良いよな。」

山本 「うんうん。ただ、それが自分達だけにならないように、そういうグループを見てて誇らしいとちゃんと思ってもらえるように。」

木下 「うん。」

山本 「これからもNMBらしく精進していきます。」


スポンサーリンク