NMB48清水里香 チームN目撃者公演への跨ぎ出演をして感じたこととは?「SHOWROOM」

rika-showloom20180116-2
画像引用 twitterより
「SHOWROOM」2018年1月16日配信

出演メンバー

清水里香(りかてぃー)

スポンサーリンク

チームN目撃者公演への跨ぎ出演について

わたし、目撃者公演は12月21日(2017年)が初日だったんですけど。

今はほぼ毎回出させて頂いてるんですけど。自分に今何が足りないのか?とか、逆に自分の良さは何なのか?とか、チームNの先輩方ってすごく見てくれてるんですよ。

次の公演のときとかに、やまりな(山尾梨奈)さんとかが「りかてぃー、言ってなかったんやけど、ここはこうやで。」とか、教えてくれて。

あと、公演にたくさん出るようになってから、舞台監督の方とかダンスの先生とか先輩とかとたくさん喋る機会が増えて。自分に何が足りないのかとか、自分の良さとか、どういうのが向いてる向いてないとか、すごく考えるようになって。目撃者公演ってダンスが難しい曲が多いから、なおさらそうなってるんだと思うんですけど。

B2の先輩方だって見てくれてるとは思うけど。(目撃者公演と恋愛禁止条例公演では)ちょっと見せるものが違うじゃないですか。B2の公演ではフリーが多いし、メンバーと絡んだり目を合わせたり、(お客さんは)その仲の良さを見て和んだりすると思うけど。B2とNって全然違うなって思って。だから、本当に良い経験をさせてもらってます。

(跨ぎ出演をして)ファンの人が増えたかっていうのは分からないけど、見られる回数は多くなったので。自分で言うのもなんですけど、跨ぎをすることによって成長できるのかなって思いました。

目撃者公演のお見送りで感じたこと

多分、わたしのことを知らない人が多いんですよね。こじりん(小嶋花梨)とりかてぃーの区別とかじゃなくて、普通にわたしが知られてないなって思った。だから、頑張らなきゃなって思った。MCであんまり喋らないからかな?

(お見送りのときに)ギターのTシャツを着てて、ギターが好きなんだろうなって人がいたんですよ。だから、「わたしもギター弾けるんだよ!」って言ったら、「えっ、そうなの?」っていう方とかがいて。

5期生に詳しい方とかは知ってると思うけど、それ以外の人にはわたしのギターのこととかも広まってないんだなって思って。色々と考えさせれられましたね、

でも、本当に跨ぎはプラスになることしかない。体調とかはちょっ大変だけどね。


スポンサーリンク