NMB48上西恵 小学生の頃に口が悪くて父親に怒られてビンタされたエピソード「NMB48学園」

nmb48gakuen20170311
画像引用 twitterより
「NMB48学園 こちらモンスターエンジン組」2016年3月11日放送

出演メンバー

上西恵(けいっち)
渋谷凪咲(なぎちゃん)
西森洋一(モンスターエンジン)
大林健二(モンスターエンジン)

スポンサーリンク

1番怒られた出来事は何ですか?

大林 「ありますか?」

上西 「わたし、本当に口が悪くて。地元の方言っぽいのが元々口が悪い感じっていうのもあるんですけど。」

西森 「なるほどね。」

上西 「お父さんは全然怒らないタイプの人だったんですよ。」

大林 「うんうん。」

上西 「お母さんには何回もめっちゃ怒られてきたんですけど。」

大林 「なるほどね。」

上西 「でも、(お父さんに)偉そうに『チャンネル(テレビのリモコン)取れや!』みたいに言ってしまって。初めはお父さんはテレビを観て無視してたんですけど、わたしがしつこく口悪く言うもんやから、そのとき初めて。」

大林 「どう怒られるの?」

上西 「もう、ほっぺをパーン!と。」

大林 「ほっぺを!?」

渋谷 「お~!」

上西 「『いい加減にしろ!親に向かってどんな口の利き方してんねん!』って怒られて。それが初めて。」

西森 「それはいくつのとき?」

上西 「小学校1年生か2年生のときですかね。昔から口が悪くてそんな子だったんですよ。」

大林 「そのときはけいっちはどういう気持ちになるの?」

上西 「わたしは初めてお父さんに怒られたから、もう、大泣きしてお母さんのところに飛んで行きました。『怖い~』って。」

大林 「なるほどな。それで改心できるもんなんかね。教育としてはどうなんやろな?」

上西 「いや、(口が悪いのは)全然直ってないですね。」

渋谷 「(笑)」

西森 「その後も直らなかった?」

上西 「はい。わたしは全く直らなかったですね(笑)」

大林 「なるほどね。まあ、小さいときにお父さんに怒られるのって怖いよな。」

上西 「はい。」

大林 「なぎちゃんは?」

渋谷 「わたしは、小学生のときに家族の中で大きいバランスボールが流行ってたんですよ。」

西森 「うんうん。」

渋谷 「座れる大きいバランスボールで。家族の中でわたしが1番長いこと乗れてて、すごい自慢げにずっと乗ってたんですよ。で、ご飯のときもそのバランスバールでずっと遊んでて。体幹を鍛えるためにずっと座ってたりしたんですけど。調子乗ってやってたらボーン!ってこけて、バランスバールがボーン!ってなって、ご飯がビチャーってなって。」

上西 「最悪や(笑)」

西森 「うわ~。」

渋谷 「それでめっちゃ怒られました。『そんな調子乗るからやろー!』って。」

西森 「それは怒られるわ。」

大林 「それは怒るよ。」

渋谷 「バランスバールってボボボボボーンっていくんですよ(笑)」

上西 「(笑)」

大林 「そりゃいくやろな(笑)。それは怒るな~。」

渋谷 「はい。怒られました(笑)」


スポンサーリンク