NMB48山本彩 中学生のときに自宅で天狗を見たエピソード「アッパレやってまーす!」

appare20170724
画像引用 twitterより
「アッパレやってまーす!」2017年7月24日放送

出演メンバー

山本彩(NMB48)
内田理央
濱口優(よゐこ)
有野晋哉(よゐこ)
鈴木拓(ドランクドラゴン)
坪倉由幸(我が家)
蒼井翔太

スポンサーリンク

さや姉 天狗を見たことがある

濱口 「どこで見たの?」

山本 「家で。」

内田 「家で!?」

濱口 「さや姉の家に出るんや!すげーな(笑)」

山本 「居たんです。わたしは2階の部屋なんですけど。階段を上がってきたすぐの部屋を使ってたときで。」

有野 「何歳ぐらいのとき?」

山本 「中学生のときです。」

有野 「あ~。」

山本 「豆電球が切れてて、部屋は真っ暗で。ドアをちょっとだけ開けて、廊下の電気をつけて寝てたんですよ。」

一同 「うんうん。」

山本 「じゃあ、階段を上がってくる音がしたんですよ。『パパがまだ起きてたんや』って思ってたら、鼻から見えてきて。」

一同 「(笑)」

濱口 「さや姉はドアの隙間から廊下を見てたってこと?」

山本 「はい。階段を上がってきて、まず鼻から見えてきて。」

一同 「(笑)」

山本 「『えっ!?』って思って。」

有野 「背はでかいの?」

山本 「背は普通でした。」

有野 「お父さんと同じぐらい?」

山本 「一緒ぐらい。」

濱口 「団扇か何か持ってた?」

山本 「持ってなかったです。手ぶらだったです。」

一同 「(笑)」

鈴木 「下駄は履いてなかったの?」

山本 「足袋みたいなのを履いてて、2階の廊下をずっと行ったり来たりしてたんですよ。」

有野 「で、たまに鼻が見えるの?」

山本 「はい。」

有野 「天狗はドアを開けなかったの?」

山本 「開けないです。部屋には入ってこずに廊下を。」

有野 「天狗かどうかは分からないんじゃないの?」

山本 「いや、天狗です。」

濱口 「鼻は赤かったの?」

山本 「赤かったです。」

濱口 「それは天狗やな(笑)」

有野 「顔は見たの?」

山本 「しっかり見ました。」

有野 「暗かったんじゃないの?」

山本 「廊下は明るいんですよ。」

有野 「あ~、明るいから鼻の赤色も分かったんか。」

山本 「はい。」

坪倉 「次の日、お父さんには言わなかったの?『あれお父さんだった?』とか。」

山本 「いや、『天狗を見た』って言ったんですけど。誰も信じてくれなかったんですよ。」

鈴木 「そりゃそうだよ(笑)」

有野 「(見たのは)1回だけ?」

山本 「1回だけです。それっきりです。」


スポンサーリンク